定年生活.com トップ» » 定年と家|若い者の感覚は分からない

定年と家|若い者の感覚は分からない

2013/2/15 

甥が新居を建てたというので、私たちもそこに招かれたが、行ってみて驚いた。
なんというか、家自体が変なのだ。わけの分からないところに段差があったり、部屋の形がいびつだったりと、見ていて落ち着かない事この上ない。
甥夫婦が言うには、「土地が狭いから建物にお金をかけて工夫した」とのことだ。建物にかけたお金3000万円を軽く超えるらしい。
いやはや驚いた。私が同じお金を使うなら土地代にもう1000万多く使い、2000万円台で建物を建て、少しでも広く、住みやすい住まいを建てようと考えるだろう。
「若い者の感覚は分からない」と久々に実感した出来事だった。