定年生活.com トップ» » シニアと遺伝|足が痺れる

シニアと遺伝|足が痺れる

2013/5/13 

まだ存命中の老母は、だいぶ前から「足が痺れる」と言っていて、歩行がやや不自由である。
まあ、米寿近くになれば仕方ないだろう、などと多寡をくくっていたら、なんと私も足が痺れるようになってしまった。
まだ軽いから大したことは無いのだが、やはり将来の自分が見えるようで、愉快なものではない。
しょうもないところばかり遺伝してしまうものである。