定年生活.com トップ» » 知人宅の一点豪華主義

知人宅の一点豪華主義

2013/9/19 

数年ぶりに知人の家に出向いたら、日本画家である東山魁夷の絵画が飾られていた。
しかも驚くことに、原画らしいのだ。
「うちにあるものは他は皆安物ばかりだけど、ひとつくらいは本当にいいものを家に置きたいと思ってね」とのこと。
なるほど確かに、ひとつこうした「良き本物」を飾るだけで、家全体の雰囲気がぐっと良くなっているような気がする。こうした一点豪華主義も悪くない、と思った。
もっとも私が真似をしようと思っても、肝心の資金が足りないのが残念だが。