定年後の生活を楽しもう | 定年後の仕事に関する特集・投稿

定年生活.com トップ» 働く » 新人のころ

新人のころ

2013/4/17  倫子 さん

定年後の生活|新入社員 職場に新人が入ってきました。ついこのあいだまで大学生だった初々しい面々。
そのうちのひとりが、通勤途中に交通事故(軽度)を起こしてしまった。痛々しく、壊れた車よりも、彼女の精神的なダメージを思うとかわいそうに思う。あれが自分の子どもだったら、とつい考えてしまうのだ。

社会人になると季節感がなくなる。
もちろん、暑いの寒いの、盆だ正月だという区切りはあるものの、学生特有のあの季節感はない。
押し出されるように学年があがって上のひとたちが卒業し、かわりに新顔がはいってくる、という人の流れ。
会社だって毎年退職者はいるものの、退職日は誕生日に関係してくるからそれぞればらばらだし、自分自身についても毎年劇的な異動があるわけでもない。

時間の巻き戻しはできないが、やってみたかった仕事、というのはある。
と、いうより当時はそんな仕事があることを知らなかった。親世代は、ありがちな安定第一思考で、教員や公務員を望んだこともある。今思うと、子どもは親のそういった考えに知らず誘導されているように思う。
まあ、結局は教員にも公務員にもならず(なれず)普通の会社員になってしまったのだが。

いまの世間的な知識をもったまま、高校生か大学生で、これから仕事を選択できる立場にあるとしたら、やってみたいもののひとつに警察の鑑識がある。
石膏みたいなもので足跡の型を取る、あのふかふかのポンポンのついた棒で粉をはたいて指紋を浮かせる、etc。
昼夜関係なくハードな仕事だろうが、マンネリに陥ることもなくそのつどの事件に没頭し、使命感に燃えて仕事をするだろう。
TVの見すぎだろうか・・・。

小学校のころの夢は、給食センターで大きな鍋やお釜をかき混ぜることだった。それは遠足で調理センターを見学してからずっとそう思っていた。
大学生のときにパン屋でバイトしたことはあるが、花屋やケーキ屋になりたいと思ったことはない。自営業は無理そうだ。宮仕えが性分にあっている。

やってみたいことに対して、それができる可能性が広がっている年代は、羨ましい。
この年になってくると、残された可能性はあらゆる面で低くなる。時間とも戦いだ。

何かを選択するとき、やらない後悔よりはやって失敗した方がいい、と思いながら生きてきたが、それでも家庭を 持ってからは、より現実的で安定志向になった。
新入社員たちは、どんな夢を持っているのだろうか。

人は現実を生きながら夢を育てなくてはならない。それは年齢に関係なく、そうあるべきだと思う。
事故でショックを受けている新人には気を取り直して、頑張って欲しいと願う。こなれた様子で仕事をしているベテラン社員だって小さな夢を見ながら生きているのです。


シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 


<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業


働くに関する特集・投稿リストへ
 


トップページに戻る


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。