定年生活.com トップ» 遊ぶ » 【懐かしの名作映画】 逃亡者

【懐かしの名作映画】 逃亡者

2013/4/26  川喜多夫 さん

定年後の生活|テレビ映画
『逃亡者』は、アメリカのABCで1963年~1967年まで放送されたテレビドラマシリーズです。

オープニングのナレーションで、「リチャード・キンブル、職業医師。正しかるべき正義も、時として盲いることがある。彼は見に覚えのない妻殺しの罪で死刑を宣告され、護送の途中列車事故に遭ってからくも脱走した。孤独と絶望の逃亡生活が始まる。髪の色を変え、重労働に耐えながら、犯行現場から走り去った片腕の男を探し求め、彼は逃げる。執拗なジェラード警部の追跡をかわしながら現在を、今夜を、そして明日を生きるために…」とあらすじが語られます。

『逃亡者』では、キンブル医師をデビッド・ジャンセン、ジェラード警部をバリー・モースが演じています。

全120話、全米中を真犯人を探して回る長い長い旅です。キンブル医師は逃亡先でさまざまな人に出会いますが、そのエピソードが見どころとなっています。

片腕の男を探す謎解きが中心のサスペンスではなく、リチャード・キンブルと関わる人々との人間ドラマが描かれています。

自分の身におきかえて考えると、指名手配犯を見つけたものの通報するか否か、「この人は本当に人を殺したのだろうか?」、「自分が見た感じでは、人を殺すような人間には見えないが…」、といったところでしょうか。

お医者さんなので、病気の人や困った人を見すごせず、そのためにつかまりそうになることが何度もあります。

キンブル医師の人柄が分かって、逃がしてくれる人もたくさんいます。

やがて、追っているジェラード警部までもが、「キンブルは、犯人ではないのでは?」と疑問を持つようになります。

『逃亡者』は1993年にリメイクされており、キンブル医師をハリソン・フォード、ジェラード警部をトミー・リー・ジョーンズが演じています。

舞台は現代に置き換えられていますが、妻殺しの容疑をかけられ逃亡をはかる設定などは、当時のままです。

日本でも、江口洋介主演で『逃亡者 RUNAWAY』というドラマが放送されましたが、江口洋介の職業は医師ではなく保護監察官、息子がいる設定になっていました。

50年以上も昔のドラマなのに今だに色あせず、時を経て繰り返しリメイクされる、脚本の素晴らしさに拍手を贈りたい名作です。

【懐かしの名作劇場】
古畑任三郎 / 刑事コロンボ / 0011ナポレオンソロ / 逃亡者 / 奥様は魔女 / 宇宙家族ロビンソン / カサブランカ / サイコ / ターミネーター / ガメラ / 酔拳 / Mr.ビーン / ダーティハリー / マルサの女 / 相棒 / エイリアン / エデンの東 / 踊る大捜査線 / 釣りバカ日誌 / 家政婦は見た! / ローマの休日 / 風と共に去りぬ / ラベンダーの咲く庭で・晩秋 / 猿の惑星 / 十二人の怒れる男 / 砂の器

遊ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る