定年後の生活を楽しもう | 定年後の仕事に関する特集・投稿

定年生活.com トップ» 働く » シニアの声(29)「解雇の金銭解決」は是か非か

シニアの声(29)「解雇の金銭解決」は是か非か

2013/4/30  かざぐるま さん

定年後の生活 雇用の流動化を進めるために打ち出された「解雇の金銭解決」をめぐって、さまざまな議論がなされています。
一部のマスコミには「クビ切りの自由化」「不当解雇をカネで解決」といった形で、センセーショナルに報道する新聞、雑誌も見られますが、いさかか見当違いといわざるを得ません。

「解雇の金銭解決」という問題は、何も今に始まった議論ではなく、2003年の労働基準法の改正や2007年の労働契約法制定の際にも、幅広い議論がなされました。
現在の議論は、政府の産業競争力会議と規制改革会議における、いわゆるアベノミックスによる成長戦略の一環として登場している課題です。
「雇用の金銭解決」は、正確に言えば、会社側に解雇された社員が、裁判で「解雇の無効(不当解雇)」を勝ち取った場合、会社が補償金を支払って、雇用契約を終了できる、という方法です。
従来は、「解雇の無効」が認められた場合、会社は雇用契約を継続し、社員は現職に復帰する方法しか道がありませんでした。
しかし、現実問題として、いったん裁判を起こした社員が、現職に復帰できたとしても、就業を続けることは難しいのが実情であり、会社側としても、その社員の扱いにはかなり神経を使わざるを得ないという問題があります。

「解雇の金銭解決」は、そうした会社側、社員の双方にとっての雇用契約終了法の選択肢の一つといえます。
そして、より見逃せない点は、終身雇用社員あるいは正規社員の流動化を促進できるという点です。
「金銭解決」は、従来のような、ごく少額の「和解金」などではなく、勤続年数に応じたそれ相当の「金額」の基準が定められることになっています。
現に、中小企業経営者は、「解雇の金銭解決」は負担が大きすぎるとして、反発しているところも多いようです。

大企業の場合、正規社員と非正規社員との給料格差は広がる一方です。
その是正や、社員間の流動化が、緊急の課題となっています。
「解雇の金銭解決」は、そのネーミングからは誤解を招いていますが、目的とするところは、雇用の流動化であり、日本型終身雇用制度の改革にあるといえます。
裁判の場合だけでなく、将来的には、企業の雇用のあり方に影響を及ぼすことも考えられます。
終身雇用が困難になり、社員間格差が拡大している現在、定年を控えたシニアとしても、その是非論、損得を考えるのも無駄ではないようです。


シニアの声

(27)アベノミックスに挑戦する吉野家「牛丼」の値下げ

(28)シニアの地域間格差を助長?

(30)姑息な消費増税のセール指針


シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 


<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業


働くに関する特集・投稿リストへ
 


トップページに戻る


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。