定年生活.com トップ» 暮らす » 空き家をどうする?

空き家をどうする?

2013/6/5  akiko さん

定年後の住まい
消費税増税を前に、家を建てようというラッシュが始まりつつあります。高額商品の中でも家は一生に一度の買い物ですし、税率3%の差は相当なものです。ローン金利も上昇の動きがありますから、焦る気持ちも道理です。
そんななか、建てた家の数十年後を考えることはあるでしょうか。

私の住んでいる地方の空き家率は19%。二割に近い住宅が空き家になっているのです。過疎化の進む山村部での比率はこんなものではないでしょう。
空き家は、高齢世帯のいなくなったあとそのまま放置されている場合が多いのですが、当然彼らの子どもは地元にいません。都会に出て行ったきり戻ってこないのです。あるいは、その子ども世代も亡くなり、祖父母の家をほとんど知らない孫世代が事実上の相続人になっています。

人が住まなくなった家の老朽化はすさまじく、たった一年でもすぐに荒れてしまいます。
建物のみならず、草がぼうぼうに生え、虫がわき、降雪の重みで瓦が隣地に落ち、ヘタをするとよからぬ人間が住みついて勝手なことをしかねない、という心配もあります。

ところ変わって京都などの古い町家は、空き家になってもすぐに借り手がつきます。リノベーションして店舗や宿泊施設にしたい人が引く手あまたなのです。良好な地理的条件もありますが、建物じたいの付加価値が高いと言えるでしょう。
地方都市でも、田舎暮らしに憧れる退職世代にマッチングサービスをする動きも高まっていますが、空き家になる家屋のスピードと移り住む人の動きはマッチしていないのが現状です。

人口減少のいま、家をどんどん建てる時代は終わりつつあります。
だれでも家を建てるのにはお金をかけても、処分することには消極的です。それが特に自分が住んだことのない家ならなおのこと。
最近では地方自治体の条例で、行政機関の権限で収用・取り壊しができるようになってきました。そうでもしなければいたるところ廃屋だらけになってしまうからです。

私の家から少し離れたところにも一軒の空き家があります。田んぼと田畑に囲まれたなまこ壁の土蔵のある古い農家。がらんどうの建物に竹やぶばかりが勢いよく伸びています。
いつから無人になったのかわかりませんが、まだ家の形をなしていますからここ数年ではないでしょうか。少し前まではここの家でも、この季節、田んぼの代かきや田植えが行われ、お茶やお昼の時間になると畦(あぜ)には人々が腰を下ろして休む光景が見られたことでしょう。

私の将来の夢、いうなれば老後の夢は、水辺の暖かい地域に暮らすことです。
固有名詞を出すなら近江の国、滋賀県の琵琶湖の近く。そこに中古・空き家物件を見つけて手を入れ、移り住みたいなあと。こんな年になって育った土地より、見知らぬ土地に憧れるのです。その前に今の自分の家が空き家にならぬよう身じまいをしなくてはなりませんがね。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

暮らすに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る