定年生活.com トップ» 学ぶ » プロ野球の飛ぶボール問題のどこが問題なのか

プロ野球の飛ぶボール問題のどこが問題なのか

2013/7/17  ラビット関根 さん

シニア|野球
プロ野球で飛ぶボールを使っていたことが発覚し、いろいろ問題になりました。

そこで、コミッショナーが私は知らなかったとしらばっくれて退陣を否定して居座る予定のようですが、こいつはもうどうしようもない最低最悪の奴だな、と怒りが収まりません。
しょせん野球を商売に使うことしか考えていない奴だから、さっさと辞めてしまえばいいのに。

飛ぶボールを使うこと自体は問題ではありません。
ホームランがたくさんでれば、それなりに野球はおもしろくなるし、派手でスリリングにもなるでしょう。
飛ばないボールを使っていた去年まではなかなかホームランも出ずに、地味な試合が多かったのです。
それはどうしても玄人好みの試合になるので、テレビ中継とかには合わないかもしれません。

では問題は何か、飛ぶボールを使っていたことを隠していたことです。
隠していてもお互い様だから同じだろうと言う人がいますが、とんでもない。それは前の轍を踏むことと同じになるからです。

前の轍を踏むとは何か。

飛ぶボールが秘密裏に開発されると、球団が考えたのは、自分たちが勝つためにそれを利用すること。
簡単にいえば、自分たちのチームのホームゲームの際に、自分たちが攻撃の時に飛ぶボールを使う。
ホームランがジャカスカ出て得点がどんどん入る。

一方、相手の攻撃の時には飛ばないボールに密かに変える、どんなにジャストミートしてもホームランにならず、フェンス際で失速してアウトになるわけです。
審判がボールボーイにボールを持ってこいと指示するでしょ、あのときに飛ぶのと飛ばないのと調整するわけです。
これはホームチームがやることになっています。

こうして一方的な試合になる。それを実際にいろんなチームがやっていたというのは、プロ野球ファンの公然たる秘密だったのです。
某球団は露骨にやり過ぎてばればれでした。

だから、統一球という、試合ごとチームごとにばらばらだったボールの企画を統一しようということになったわけです。
結果的に飛ばないボールに統一されたわけですが。

これを日本プロ野球機構はもう一度やろうとしたのですよ。
公表しなかったというのはそれ以外に考えられません。

裏金でももらって、人気球団には飛ぶボールと飛ばないボールを分けてもいい、見逃してあげるとする狙いなのです。
優勝させてやりたいチームがあるんでしょう。どことはいいませんが。

これはプロ野球にとって八百長にも等しい犯罪なのです。
公平であることが前提であるのに、そうでない可能性を故意に残した。
だからこのコミッショナーは大馬鹿者だというのです。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

学ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る