定年生活.com トップ» 暮らす » ああ、もうトシだなあ

ああ、もうトシだなあ

2013/8/7  落陽 さん

シニア|年齢を感じるころ
ああ、もうトシだなあ、と思う瞬間は経験したことありませんか。私はあります。

神保町のすずらん通り、いわゆる古本屋通りの端、小学館の方の出口の近くに「キッチン南海」というレストランがあります。
小さくて汚い店ですが、昼休み時や夕食時などは、近所のサラリーマンでいっぱいになります。この店の売りは揚げたてのフライやカツ。さくさくしてものすごいうまいんです。

わたしはここのカツカレーがお気に入りで、大学時代からだから、もう三〇年以上、神保町に来たらここのカツカレーを頼んでいるのです。
大学卒業したらそんなにこれなくなって、年に数回というくらいのペースなのですが、それでもなつかしくなって、用もないのに神保町の古本屋街をめぐってキッチン南海のカツカレーを食す、というのが最近の楽しみのひとつでした。

ここのカツカレーは揚げたてのとんかつに、もったりとしたカレーソースがかかって、目立たないけれども学生街らしいボリュームのある一品。
いつもだったらそれを軽く平らげることができるのですが、ある日、それが全部食べられなかった、完食できなかったのです。

その前に打ち合わせで珈琲をがぶがぶ飲んでた直後だったという事情もありますが、ここのカツカレーを完食できなかったというのは、誇張でなく人生で初めてだったのです。
どんなに体調が悪くても、どんなにおなかがいっぱいでもらくらく食べられてたのに、若干とはいえ残してしまったライスとカレーの名残を見ながら、ああ、やっぱり年とったんだなあ、と思わされてしまいました。

それまで結構、ラーメンの大盛りとか、チャーハン特盛りとか平気で食ってて、割と大食いのタイプだったのですが、カツカレーを食えないということは、大げさな話、人生終わったなという気持ちになりました。

年を取るというのはこういうことなのですね。

今まで普通にできていたことができなくなる。食べる量などもそうですし、今までできていた運動ができなくなる。
長時間の仕事に集中力がなくなる。あるいはお酒の量が違ってくる。翌朝残る分が確実に増えている、などなど最初はほんのわずかな兆候で、同じ距離を走っても息切れの度合いが強くなる程度で、走れることは走れたりするんで、なかなか気づかないのですが。

皆さんもそう言う経験はあると思います。

年なんだから仕方がない。あきらめるものはすぱっとあきらめるべきで、年相応のものに変更すべきなんです。
大盛りをやめて普通森にするとか、長距離を一編に走るのではなく二回に分けて走るとか、いろいろ工夫して無理なくやってください。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

暮らすに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る