定年後の生活を楽しもう | 定年後の健康に関する特集・投稿

定年生活.com トップ» 健康 » 危ない!整体およびマッサージ

危ない!整体およびマッサージ

2013/9/11  七瀬 さん

シニア|肩こり 年をとって肩や腰が凝るせいか、整体やマッサージに通う回数が増えてきました。

しかし、この整体やマッサージで、骨折などのトラブルが起こることがあるようです。

国民生活センターに寄せられた相談によると、昨年は257件で過去最多、年々相談件数が増えています。

年をとると骨がもろくなっているので、マッサージ中に骨折することはありえます。

骨折のほかには、背骨を強く押されて神経・脊髄を損傷、関節を無理にひねられての捻挫、お灸による火傷などです。

健康番組に整体の先生が出演して、患者に馬乗りになって気合もろとも骨のゆがみを治すというパフォーマンスが行われますが、とんでもないですね。

骨格のがっしりとした男性ならともかく、骨の細い女性は気をつけなければなりません。


国家試験があるのは、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師、柔道整復師などですが、資格なしでも整体やカイロプラクティックを開くことは可能です。

人気のあるカイロプラクティックが無資格で開業、というのもよくあるそうです。資格がないから、低料金で愛想が良く、指圧が丁寧ということもありそうに思えます。

何か起こったときのために、資格を持った先生のいるところに通った方がいいかもしれません。医療事故として訴訟になる場合もあります。

マッサージで痛みを一時的にしのいでいるということはないでしょうか?

病院よりマッサージの方が手軽だから人が集まりますが、肩こり程度ならまだしも、何時間も施術を受けなければならないほどの症状が出ているなら、病院へ行くべきでしょう。

骨折などしたら、治療費は何倍にもなります。とにかく施術が丁寧で、痛みがないか声をかけながらマッサージしてくれるようなところがよいでしょう。

気が弱くて、先生の施術に対して口をはさむことができないという人は、やめた方がいいかもしれません。

「先生、だいじょうぶですか?優しく、おてやわらかにお願いします」などと頼んで、力を加減してくれる先生を選びましょう。


シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 


<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業


健康に関する特集・投稿リストへ
 


トップページに戻る


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。