定年生活.com トップ» 遊ぶ » 我が家の庭は日本庭園!?

我が家の庭は日本庭園!?

2013/9/13  嘉子 さん

シニア|庭園 我が家は北側が玄関になっていて、南側には日照確保のための、そこそこ広い庭があります。
子どもたちが小さい頃は、この庭が大活躍しました。なんといっても道路に面していないので、飛び出しなどの危険もないですから、遊具を置いて存分に遊ばせることが出来たのです。

子どもたちが遊具で遊ばなくなってからは、庭はあまり活用されなくなりました。時々洗濯物や布団を干したりはしますが、干し物は基本的にベランダが中心でしたので、それほど出番はありませんでした。

そんな庭を、今年思い切ってリニューアルしたのです。
その理由は、雑草処理が大変だから、ということ。たいして使いもしなくなった庭ですが、雑草だけは容赦なく生えてくるので、これをどうにかしたいと思ったのです。
どんな庭にリニューアルするか、というのは大いに悩みました。最初は庭全体をコンクリで固めてしまおうかとも思ったのですが、それではあまりにも無粋ですし、何より暑さがひどくなるだろうということで断念したのです。

そして、夫婦でいろいろ話し合った結果、我が家の庭は「日本庭園風」にリニューアルすることに決めました。防草シートでしっかりと雑草対策をしてもらった上で、白い砂利をたっぷりと敷き、さらに、「日本庭園風」にふさわしい岩も何ヶ所かに配置してみました。
洗濯物や布団を干すための竿は思い切って撤去、とにかく、雰囲気を最優先させよう、ということにしたのです。

このリニューアルによって、庭が見ちがえるようになりました。それに何となく、家まで高級に見えるようになったのです。

雑草の処理も、以前とは比較にならないほど楽になりました。たまに雑草が数本出てくることもありますが、防草シートのおかげなのか、あまり根もはらずスルッと抜けますし、そもそも、雑草の生える量自体が激減しているので、たまに数本抜くくらいの処理なら、苦にも感じません。本当にこのリニューアルをしてみてよかった、と思いました。

このリニューアルに喜んでいるのは私だけではありません。元々、日本庭園のような和風の風景が好きな夫は、私以上にこの庭に大満足しているようです。最初は庭を眺めながらニヤニヤしているだけでしたが、最近では、庭に本格的な「枯山水」を演出しようと、毎日のように自作の枯山水の流れを変えたりして、試行錯誤で頑張っています。

秋からはさらに、茶席風のベンチと野点傘を庭に設置して、庭でお茶を楽しめるようにしようと計画しているようです。確かに、自宅にいながら、日本庭園で、和傘の下でお茶を嗜む、というのは想像しただけでも風情があってとても楽しそうです。

庭の使い道と言えば、どうしても実用的なことばかりを優先して考えてしまいがちですが、どうせ元々それほど活用していない庭であるのなら、我が家のようなリニューアルもいいのではないでしょうか。昔のように「実用的にフル活用できる庭」ではなくなりましたが、今の庭も、「心を癒してくれる」という点で、老後にふさわしいいい庭ではないかと満足しています。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

遊ぶに関する特集・投稿リストへ

トップページに戻る