定年後の生活を楽しもう | 定年後の趣味に関する特集・投稿

定年生活.com トップ» 遊ぶ » 2020 東京オリンピック開催によせて

2020 東京オリンピック開催によせて

2013/9/12  ぶるだこーわ さん

東京五輪 まずは、日本にとって喜ばしいことだと素直に思います(平均寿命からいえば七年後はおそらく生きているだろうと思いますし)。

スポーツを通して云々、というのはさておき私がオリンピック開催で喜ばしいと思うのはあくまで経済的な側面です。
景気回復のはずみになれば、というが最大の肯定理由で、正直なところ感動を与えるとか、勇気を与えるということにさほど関心はありません。
スポーツを見て、同じ人類とは思えないほどの超絶した体力、気力、技をもつ人たちに賛辞を惜しみませんが、それ以上でもそれ以下でもありません(個人的にスポーツにドラマを求めるのなら箱根駅伝や高校野球の方が好きです)。
福島や震災地域復興ために「稼ぐぞ」という気もちでやってもらいたいものです。

それはさておき、安倍総理が福島の原発を完全にコントロール下におくことを約束します、と大見得を切ってしまったことに仰天しました。
いいのかなア、あんな発言。
原発処理問題を一企業に任せることなど不可能で、国が介入すべきなのは自明の理なのにそれを今まで放っておいて、このときとばかりに声高にやりますと宣言。
いつも思うのだけれど、安倍さんて言っていることとやっていることがチグハグ。
このひとはまた、旗色が悪くなるとあっけなく放り出した過去があるのでそれも心配だ。

実は私、過去に冬季オリンピックが開かれたN県の者です。
冬のオリンピックは規模が小さいですから、東京五輪と比べられるはずもありませんが、あれからほぼ20年。
かつてのオリンピック開催都市はどうなったかって? ひと言で言えば「つわものどもの夢のあと」状態ですね。
オリンピック? あ~そういえばあったね、 という程度。今の子どもたちなんてそのことすら知らないかも。

当時でさえオリンピックの経済効果はことさら感じられず、新幹線が通ったN県北部ならいざ知らず、県内ほかの地域では何も変わりませんでしたよ。まさに置いてけぼり状態。
ふんだんな予算は県北部に集中してつぎ込まれ、そうでない地域との格差は大きくなりました。
ついでに言えば、県民感情をも複雑にしましたね。
北部ばっかいい思いしてさ、なんていう中部と南部の怨嗟の声は確実にありました。

なのにMウェーブやホワイトリンクなどの競技施設はいまや負の遺産。
維持費だけでもそうとうな赤字で、それを県民全体で負っているのですから、北部地域以外の人たちにとっては納得のいかない話です。

東京の場合は、言い方は悪いですけど、頑張って稼いでくれればそれが地方交付金となって地方へ分配されるわけですから不公平感情は多少違うと思います。
東京にやってきた外国人観光客を呼び寄せようと、特に京都なんかは張り切るかもしれませんね。
そういう意味での相乗効果はいいかもしれません。

七年後・・・・・・長いような短いような。
そのあいだ、東京が土地バブルや株価バブルに踊らぬよう、また大きな災害が起こらないことを祈ります。


シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 


<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業


遊ぶに関する特集・投稿リストへ
 


トップページに戻る


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。