定年生活.com トップ» 学ぶ » 馬毛島を穫れ

馬毛島を穫れ

2013/10/2  コロンブスの卵 さん

シニア|基地問題

沖縄の米軍基地移転問題が揺れています。沖縄が県外移設と大騒ぎするから、本当に米軍が沖縄から出て行っちゃえばいいんですよ。そうなりゃ困るのは沖縄自身なんだから。
あいつら本当に県外移設なんかできるわけがないとたかをくくってるだけ。
だったら出ていけばいい。もっとも米軍基地を喜んで迎え入れるところは現状では日本中にはありません。

ただ、最近では外国人に対する拒否反応は少なくなってきて、かつてのような進駐軍の横暴というイメージもなくなってきているので、どこかが手を上げれば、数千億円のお金と一緒に米軍基地とその関連需要とで、地方は潤うことは間違いありません。
もっとも、吉と一緒に反対する左翼とかの人たちもやってくるので、そのへんで治安が悪くなるのは警戒しなければなりませんが、地方が財政悪化しているところばかりだから、左翼を無視すれば手を上げるところは今後出てくる可能性はあります。

現状ではただひとつ、受け入れ可能な土地があります。
鹿児島県の種子島に近いところに馬毛島という無人島があります。
無人島としては日本で二番目の広さがあって、それなのに空港も港湾も整備されている。
山はなく、平地ばかりという基地にするには絶好の島。

無人島とはいえ、実際には住民登録している人がいますが、これも数人にすぎず、大きな反対運動は起こりそうもありません。
農地などには適さないので、他に使い道もありません。
基地を誘致するには絶好なのです。

ところが、この島にはひとつの問題がありました。
歴史的にマネーゲームの舞台となったのです。
これだけまとまった南国の土地ですから、最初はレジャーランドを作る構想が持ち上がり、続いて各処理施設を作ろうとか、自衛隊の基地にするとか、いろんな話しが飛び交って、そのたびにマネーが乱舞していったのです。

最初はバブル期以前の頃。
竹下登さんが首相になるにあたって巨額の工作資金が必要になって、この馬毛島を開発するという絵を描いて、カネを儲けました。
その時、竹下が手に入れたのは五億円とも言われています。

だから、その時の島自体の値段は十数億円ではなかったかと。
ところが、その後、バブルが来て、破裂して、現在に至るまで、いろんな話しが持ち上がっては消え、消えては持ち上がり、ということで、この島、現在では一〇〇億円を超える金額で売買されているようです。
誰かがばばをつかんだということですね。

実はそのばばをつかんだ奴は資金繰りに窮してにっちもさっちもいかなくなっているようでございます。
国に売却交渉を持ちかけたのですが、現在たかだか数億円程度の価値しかない島に一〇〇億円以上を吹っかけたそうで、いったん話しはつぶれてしまいました。

現状はそれ以上進展していないようですが、可能性はあります。
ギャアギャア騒ぐだけの沖縄よりいいんじゃないかと思うのですが。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

学ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る