定年後の生活を楽しもう | 定年後の仕事に関する特集・投稿

定年生活.com トップ» 働く » 姪の職業体験

姪の職業体験

2013/10/4  べるーふ さん

勤労体験
中学2年の姪っ子が3日間の職業体験に行ってきました。
小売店や飲食店、理美容室、歯科医院、旅館、自動車整備工場、保育園etc・・・などが体験先として協力してくださり、 姪っ子は本人の希望(なぜか自衛隊に行きたかったらしい)は叶えられなかったものの、某法人(全国規模)の事務所へ行きました。

そういえば私の働く事務所にも商工会議所を通じて体験生の受け入れ要請がありましたが、総務部があっさり断っていました。
中学生ができる仕事はないとかなんとか言って・・・・・・。確かに、事務というのは手伝いが限られる職種で、しかも今は個人情報の扱いが厳しいときているので、管理上不安があるのでしょう。

職業体験とはいえ、3日ぐらいやっただけでその仕事がわかるわけでもなし、私としては中学生なら男女問わず肉体労働=「額に汗して働くこと」を体験してほしいです。
やっぱり労働って基本はそういうものだと思うので。空調の効いた快適な部屋でパソコンと電話だけでお金を転がし、莫大な利益を出すような仕事は卑しいのだという感覚を磨くために。

または、直接「お客さん」(人)とかかわる仕事をやってもらいものです。
理不尽なことを言い募る客、勝手な客、頑張ってるねと褒めてくれる客、ありがとうと言ってくれる客。
そういう場面で一喜一憂する体験こそ望ましいと思います。
ま、職業体験じゃ無理かな。実際にバイトでもしないと。

姪っ子のお世話になった職場は、雰囲気もよくいろいろと気をつかってくださったようです(お昼にジュースを買ってもらったとか)。

最終日はその法人の持つ畑にいき、野菜の収穫の手伝いをしたそうです。
日に焼けたと騒いでいましたが、体を使った労働のほうが若い学生には向きなんでしょう。
田舎そだちですが、自宅に田畑がない姪っ子にとってはよい体験ができたようです。

話によると、美容室(商業施設の中にある)に行った学生が、弁当を持参せず(学校では弁当持参を指示していました)、やむなく店のスタッフが買いに行っていいよ言ったところ、今度は全然戻ってこない。
心配になってスタッフが探しに行くと、ちゃっかり近くのマックで食べていたとか。
休憩時間はとうにオーバーしており、このお店からは、もう来年度は職業体験を受け入れないと言われたそうです。

中3になると、もういちど職業体験があり、こんどは病院や介護施設などが加わって実習するそうです。
そんな姪っ子の将来の夢はさだかではありませんが、講談社に就職したいそうです(笑)。
好きな漫画家や作家さんにあえるかもしれないから、なのだそう。
そういう理由かっ!?

それでも、これから職業を選ぶことのできる自由があるのは羨ましい限りです。
私の年代になると、定年後の仕事をどうする? になります。

選ぶ余地はほとんどナシ。
それでも働く場があって、何がしかの報酬をいただければ、今さら野心もなにもありませんから。
そう思えるだけの健康に感謝するのみです。



シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 


<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業


働くに関する特集・投稿リストへ
 


トップページに戻る


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。