定年生活.com トップ» 健康 » 「胃ろう」を悪者にしないで

「胃ろう」を悪者にしないで

2013/10/7  さゆり さん

シニア|健康

「胃ろう」という言葉に対して「癌などの終末期で、口から食べ物を食べられなくなった患者にほどこされる、最後の手段」という印象が、近年特に強まっている気がします。

そのため、医師から胃ろう造設の打診があってもそれを断って、静脈への栄養注射など、別の栄養補給にこだわる人が増えているそうです。
「胃ろう=終末期医療=二度と口からものを食べられない」という世間の印象があまりにも強くなったため、本来であれば「胃ろうをいったん造っても、その後の経過次第では胃ろうを閉じて健康を回復できる可能性が充分にある」という人でさえ、胃ろうを拒否するケースが多いのだとか。

確かに、自分も病気等で終末期の状態になったのであれば「胃ろうを造ってまで延命するべきものなのか」とためらうかもしれません、ですが、胃ろうは終末期医療のためだけにあるものではない、ということも、もっと世間に知ってほしいのです。

というのも、私が実は、かつて胃ろうを経験した立場の者だからです。脳梗塞がきっかけで、嚥下障害の症状が出たため、リハビリでそれが回復するまでは、胃ろうによる栄養補給をしていました。
しかし今ではもう胃ろうを閉じて三年近くになり、少し身体的に脳梗塞の後遺症は残っているものの、ほぼ普通の生活をおくることができています。

胃ろうは静脈への栄養注入よりもしっかりとカロリーが摂取できるため、栄養不足による体力低下が起きにくいことが大きな利点だと実感しています。
私がいまこうして、ほぼ普通に生活できるのも、胃ろうでしっかりと栄養を摂ったことが功を奏している部分も多いあると思っています。

それに、胃ろうをつけた状態の時でも口からものを食べることはできるので、摂食訓練がしっかりとできたことも、非常に助かりました。

私のように、「胃ろうを造っても、後に回復して外せる見込みがある」という状態の人なら、当面の栄養補給の形として胃ろうを選ぶのは最適の選択だ、と思うのです。他の方法ではどうしても、栄養が足りなくなる可能性が高いのですから。

最近の「胃ろうをやってまで生きたくない」という世間の風潮がエスカレートして、あまりにも胃ろうが悪者扱いされているのが、胃ろうで救われた身としては悲しくて、今回投稿しました。
この投稿が掲載されたら、せめてこれを読んでいる人には、「胃ろうは使いようによっては素晴らしい医療処置になるものであって、決して終末期の無理な延命だけに使われる悪者ではない」ということを理解してほしいです。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

健康に関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る