定年生活.com トップ» 学ぶ » 税務署とのやり取り・・・2,200円還付(1)

税務署とのやり取り・・・2,200円還付(1)

2013/11/21  欲の皮 さん

シニア|税務署

税務署から、確定申告用紙が送付された。

昨年は、夫が税金を払っていたので、娘が申告した。

今年は娘に頼むわけにはいかない。

夫が逝ってもう落着いたことだし、娘に申告しなきゃと言うと、「収入ないんだからする必要ないでしょ」。

あるのだ。たった二千二百円だけど、源泉徴収書があり、わたしにとっては大金である。

取敢えず税務署に電話をする。

「公的年金と、二千二百円の源泉徴収書だけですが、申告は全部記入するのでしょうか」

「地震保険や社会保険はありますでしょう?」

「はい少額です。医療費は十四万円あります」

「はぁ、それも申告した方がいいですよ」

「あの、たった六十三万三千六百九十六円の年金額なんですが、還付されるんですか?」

「はい。地震保険もあったら記入してください」

「あの、年金の源泉徴収表には、源泉徴収ゼロで、社会保険料二万六千とあるんですが」

「それが介護保険料で社会保険控除になります」

「えぇ。控除になるんですか。市県民税申告用というのもありますが、一万二千二百円です」

「あぁそれも社会保険控除に記入してください」

うそみたいな返答。もう一度念押しをした。

「少額の年金収入でも還付されるんですか」

「はい。確定申告A表に記入してください」

お忙しいのに、ありがとうございましたと、お礼を言って電話を切ったが……。

※続く。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

学ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る