定年後の生活を楽しもう | 定年後の健康に関する特集・投稿

定年生活.com トップ» 健康 » 気分的アンチエイジング

気分的アンチエイジング

2013/12/20  きーすりちゃーずファン さん

シニア|恋愛
人は年をとると多かれ少なかれ老化現象が現れるようだ。

老化することをエイジングという。

たとえば、今の自分で考えてみると、エイジングがひどい。

・本を読んだりテレビを見たりすると眠くなってしまう
・下半身がおとなしくなってきた
・白髪が増え髪が減ってきた
・寒がりになってトイレが近くなった
・オシッコのキレが悪くなった

しかし、これってマズいんじゃないかなぁ。

あと30年くらい生きるつもりなのだが、今のうちからこんなことでは先が思いやられる。

じゃあ、どうしたらいいのか。

やはり、アンチエイジングで頑張るしかないだろう。

まずは「物理的アンチエイジング」(今、私が命名しました)を検討してみようかな。

・若い体をつくる
・そのために筋トレや体幹トレやジョギングや水泳をする
・そのためにサプリメントを活用する
・そのために食事に注意する
・そのためにお酒やタバコを控える

なんか面倒くさい。こんなストイックなメニューでは長続きしないだろう。

よって、これはダメである。

では「気分的アンチエイジング」(これも私の命名)はどうだろう。

・彼女をつくってデートする
・そのためにオシャレをする
・そのために最近の映画やドラマに興味を持つ
・そのために女性が好みそうなレストランを開拓する
・そのためにカッコイイ車を買う

これは魅力的! 

やはり「気分的アンチエイジング」の方が、てきめんに効きそうである。

しかし、妻が何て言うかな。

いや、答えは簡単で、妻ともデートすればいいし、彼女ともデートすればいいのである。

一石二鳥だね。

そして、彼女と下半身の問題を起こすようなレベルにまでアンチエイジングが達成されれば大成功。

もしかして、妻も喜んでくれるかも。

今日からは、「気分的アンチエイジング」を人生の目標に据えることにします! 

ただし、「気分的アンチエイジング」は年寄りの大いなる妄想かも知れず、掛け声倒れになるかも知れません。



シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 


<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業


健康に関する特集・投稿リストへ
 


トップページに戻る


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。