定年生活.com トップ» 遊ぶ » ちんぎょのパコはびょうちです

ちんぎょのパコはびょうちです

2014/3/20  ちゅんたろー さん

定年後|思い出

今はもう27歳の次男が、サザエさんのタラちゃんくらいのころ、「き」が発音できず「ち」としか言えなかった。

「キンコンカンって言ってごらん」「・・・チンコンカン」

「これ好き?」「・・・ぼく、これチライなの」

面白がって、私がわざと言わせようとするものだから、ますます「ち」が当たり前になってしまった。

「あなたのせいで言葉がおかしくなってしまう。」妻から、よく文句を言われたものである。

当時、我が家では、縁日で買ってきた三匹の金魚を水槽に飼っていた。

妻と子供が一緒につけた名前は、パコ・ピコ・ポコである。

赤い可愛い金魚で、ずいぶん長く生きたと思う。

ところが、可愛そうなことにパコが病気になってしまった。

体がふくれ、うろこが逆立ってきた。たぶんマツカサ病だったのだろう。

よく、「ごはんだよー」と言いながら金魚にエサをあげていた次男だから、可愛そうに思ったのだろう。「ちんぎょのパコはびょうちです」と言っていた。

パコには気の毒であるが、たいへん可愛らしく健気に聞こえた。

しかし、そのあたりから徐々に「き」も発音できるようになり、「きんぎょのパコはびょうきです」になっていった。

次男が「き」を正確に発音できるようになり、とてもとても残念に思った。

長男は一人目なので物珍しく、ちゃんと育てるから早く大きくなってね、という感じで接していた。

ところが二歳違いの次男になると、この可愛いらしい瞬間が少しでも長く続いてほしい、大人にならないでほしい、いつまでも子供でいてくれ、みたいな雰囲気に変わっていた。

親のピーターパン症候群である。親というものは、誠に勝手なものであることよ。

その後も、「チライ」だけは、私がその伝統を引き継いでいつも使っていた。

だから、今でも我が家の公用語では、「キライ」ではなく「チライ」というのが正しいとされている。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

遊ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る