定年後の生活を楽しもう | 定年後の仕事に関する特集・投稿

定年生活.com トップ» 働く » 社内公募制度

社内公募制度

2014/11/20  田舎の おじ さん

定年後の生活|働く
「引き継ぎの件でお話したいんですけど。」デスクのパソコンから目を上げると、K君が神妙な顔をして立っている。K君は入社時から目をかけて来た、私の自慢の部下である。今、重要なプロジェクトのサブリーダーとして活躍してもらっている。無論、引き継ぎなど命じた覚えもない。

思わず「何を言ってるんだい?仕事に白熱して、頭に血が上ったのかな?」と半分茶化して応対した。すると、K君は更に真剣な顔になり、「実は、○○部の社内公募に応募し、合格通知をもらいました。○○部は前から行きたかったところですので、是非異動したいと思います。それで、現在の業務の引き継ぎについて、ご相談させていただきたいのですが。」「えっ!なんだよそれ。異動なんて認められるはずないだろ。君に抜けられたら、今のプロジェクトがどうなるか、よくわかるだろう!」思わず、息を荒げてしまった。

確かに昨年から、社内公募制度なるものが導入され、人材を必要とする部署が公募をかければ、誰でも応募することが出来き、合格すれば、その応募者の上司は承諾せざるを得ないこととなったのであった。しかし、自分の身に振りかぶってくるなどとは思いもよらなかった。しかも、手塩にかけて育てた部下が、こんなかたちで去って行くことになるとは想像もつかなかった。

昔は、異動と言えば、上司に呼ばれ「君は、来月からxx部ね。」と言われてお終い、自ら選べるなんてこと絶対無かったんだけど....社内の変化に対応出来なくなって来た私は、もう潮時なのかもしれない。

その後K君は、引き継ぎ相手が見つからないまま、意気揚々と○○部に異動してしまった。残されたプロジェクトチームは、他のチームメンバーでK君の業務を分担せざるを得なくなり、各人の負担が重くなった。

それにしても、こんな制度、弊害の方が大きいのではなかろうか?


シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 


<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業


働くに関する特集・投稿リストへ
 


トップページに戻る


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。