定年後の生活を楽しもう | 定年退職後の生活・暮らしに関する特集・投稿

定年生活.com トップ» 暮らす » 退職時の貯蓄、どれくらい必要?

退職時の貯蓄、どれくらい必要?

2013/11/15 

不躾ながら、ストレートにお話しさせていただきます。
充実したシニアライフのために必要なもの、それは「お金」です。

もちろん健康や家族に恵まれることも重要な要素ですが、「お金」がなければ病院に行けず、旅行や食事などで家族と楽しく過ごすこともできません。


退職時の貯蓄、いくら必要?

定年後の生活費
以下は非常に簡単な例ですが、いろいろな記事や経験談を総合すると、平均的にはこんなところではないでしょうか。

(前提)
60才で退職 ・・・ 85才まで生きる

収入 : 60~64歳無収入、65才から年金月20万円
支出 : 月25万円(夫婦二人の生活費)

(結論)
60~64才
生活費25万円×12ヵ月×5年=1,500万円 - ①

65~85才
5万円(=生活費25万円-年金20万円)×12ヵ月×21年=1,260万円 - ②

①+②=2,760万円

よって退職時の貯蓄は、約3,000万円が必要ということになります。


3,000万円の貯蓄で足りるのか

老後の生活|お金
残念ながら3,000万円の貯蓄では安泰ではありません

なぜならば、3,000万円は以下の7つが前提になっているからです。


1.インフレが起こらない

2.超長生きをしない
(※長寿はおめでたいことですが、斯様な視点も意識しておく必要があります)

3.お金がたくさんかかるような大病をしない

4.退職時には住宅ローンなどの借金がゼロ
※住宅ローンを一括返済する方法「リバースモーゲージ」も活用してみてください。

5.家を改装したり買い換えたりする必要がない

6.親の介護や子供の援助をする必要がない

7.海外旅行や高級車とは無縁の最低限の生活
(※たとえば、娯楽はテレビとパソコンと図書館で借りた本)

この7つは、リスクということになります。

インフレリスク、長生きリスク、大病リスク、借金リスク、持家リスク、家族リスク、浪費リスクですね。

こういったリスクに対応するには少なくとも1,000万円、複数のリスクが予想されるならば3,000万円の貯蓄がほしいところです。

つまり、退職時に4,000万円~6,000万円あればなんとか安泰ということでしょう。

(※ハイパーインフレが起こればこれでも足りませんが、そこまで心配するとキリがないので、ここでは省きました)


若いうちから準備を

シニア|貯金
では、どうしたらいいのでしょうか。

既に50代以上の方々は、少しでもこれに近づけるように努めるか、または支出を最低限に抑えるようにすることです。

30代や40代の方々は、若いうちから、シニアライフを意識した生活をしておきたいものです。


1.資産運用

長年の資産運用の巧拙で貯蓄額が大きく変わります。

また金投資などインフレ対策も意識したいですね。

2.脱浪費癖、節税意識

吝嗇家になる必要はありませんし、使うべきところは使うべきですが、浪費は避けたいですね。

一般的な節税知識はもちろんですが、来年から導入されるNISAの仕組みを充分に活用し、資金運用でもうまく節税したいところです。

※参考情報 資産運用で上手に節税する方法 へ

3.健康管理

大病リスクを回避するためには、若い頃からの健康管理の積み重ねが大事です。


夫婦円満
ということで、いろいろ申し上げてきましたが、やはり夫婦円満が一番大切です

生活がたいへんでも、夫婦仲良く協力して生きていけば精神的に大きなプラスになり、充実して楽しいシニアライフを送ることができます。

長い人生を一緒に歩いてくれる伴侶を心から大切にしたいですね。



シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 


<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業


暮らすに関する特集・投稿リストへ

 

トップページに戻る


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。