定年生活.com トップ» 暮らす » 究極の片づけにかかる費用

究極の片づけにかかる費用

2016/3/25 

はじめまして。
心地よい空間でクオリティの高い暮らしをご提案する
マスターライフオーガナイザーの後藤邦江です。

今回は「究極の片づけ」にかかる費用のお話をいたします。

東京都内の場合
木造2階建て 延床面積40坪前後の家を解体するのにかかる費用は
約200万円。

地域によって金額に差はありますが
今の時代、何もなかったことにするためにも費用がかかるのです。

家の中にモノがあふれていた場合
それらに対応する人手と時間と・・・費用も別途必要です。

もしかして「私が亡くなったあとに、全部片づけてくれればいいから!」なんて
家族に伝えたことありませんか?

いけません!いけません!
その一言が現実になった場合、身内が亡くなるという精神的なダメージとともに
時間的にも金銭的にも、相当な負担がご家族にかかってきます。


Hoadersより転載 http://www.imdb.com/title/tt1497563/

そんなこと、できれば避けたいですよね?

「究極の片づけ」にならないよう
今日から少しずつモノの持ち方を見直してみましょう。
あなたとともに存在しているのは、必要なモノ、そして大好きなモノや大切なモノだけ。
そんな家って、きっと心地よいと思いますよ。

次回から、片づけるヒントをお伝えしていきますね。


■■■ 著者プロフィール ■■■
マスターライフオーガナイザー:後藤邦江(ごとうくにえ)

アメリカ発の思考と空間の整理術「ライフオーガナイズ」の考え方にそって、お客様のご要望に笑顔で応える。
「片づけは生き方にそって」と提唱し、捨てられない気持ちに寄り添いながら個々の暮らしに合ったアドバイスをする。

約10年間のホテル勤務で身につけたホスピタリティをもとに、個人宅や企業の片づけサポートに日々従事。また教育関係や公共団体からの依頼される世代に合った片づけセミナーも定評を得ている。

 
お問い合わせはこちらから
(株)Original Comfort