定年生活.com トップ» 暮らす » 相続連続小説「あいつづく」 【第8話】

相続連続小説「あいつづく」 【第8話】

2016/8/16 

相続連続小説「あいつづく」

夏子ヘミング

【第8話】
美津子が取り出したのはサヨの通帳だった。

「いつの間に・・・?」

驚く光男に美津子は悪びれる様子もなく応える。

「この間祖師谷の家に立ち寄った時に、ね。一応、孝子さんには断ったわよ」

この間、とは形見分けをしたいといって実家にやってきた時だ。実妹ながら抜け目のない奴だとため息が出た。

「ねぇ、このディーラーに払い込んでいるお金はお兄さんの車でしょ? そんなものまで母さんに払わせていたわけ」

美津子が指で示した場所にT自動車販売店への三百万近い入金が印字してある。

「それは・・・」

光男は言い淀む。美津子はそんな兄を睨みつけ返答を待つ。

「・・・母さんが病院通いした時に、車が必要だからと買ってくれたんだ」
「そう、それならこれは」

地元のK工務店への入金が百万程度。

「二〇一一年の大震災の後、実家の耐震工事したほうがいいということになってした工事代金だ」

美津子から通帳を受け取った角田は神妙な顔で通帳を確認した。

※相続連続小説「あいつづく」の第2話以降はメルマガ会員限定コラムです。購読希望の方は、下記のフォームから会員登録をお願いします。


■相続連続小説「あいつづく」の第2話以降を配信します!

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。