定年生活.com トップ» 暮らす » 相続連続小説「あいつづく」 【第11話】

相続連続小説「あいつづく」 【第11話】

2016/11/16 

相続連続小説「あいつづく」

夏子ヘミング

【第11話】
新しく相続人に加わった鎌田義信が着席するのを見届けると、光男が意を決したように大きく咳払いをして、話し始めた。

「実は、祖師谷の家を売却してここにいる全員で分けたいと思っているんだ………」

ずっと実家を売らないと主張してきた光男の突然の翻意に達郎も美津子も驚きを隠せない。背景に、光男の妻孝子が実家を出てアパート暮らしを始めてから病状が改善していること、孝子の統合失調症の治療のためにも郊外に引っ越したいことを説明した。達郎、美津子も困惑気味に同意した。いくら望んでいたこととはいえ、二人にとっても生まれ育った実家が他人の手に渡る、ということは重たい決断である。

※相続連続小説「あいつづく」の第2話以降はメルマガ会員限定コラムです。購読希望の方は、下記のフォームから会員登録をお願いします。


■相続連続小説「あいつづく」の第2話以降を配信します!

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。