定年生活.com トップ» 食べる » 自宅で かんたんフレンチ薬膳 薬膳とは?

自宅で かんたんフレンチ薬膳 薬膳とは?

2017/1/11 

自宅でかんたん フレンチ薬膳

2017年、新しい一年が始まりました。
これから半年、6回に渡りフレンチ薬膳のコラムを書かせて頂く国際薬膳調理師の坂井美穂と申します。

さて、まずは薬膳とは何か?ということをお話しさせて頂きたいと思います。
薬膳という言葉を聞くと、「薬っぽい」「苦い」「茶色い」「美味しくない」というイメージを持つ方が大半だと思います。
でも、全然そんなことはありません。
私たちがスーパーで普通に買い物している食材で、見た目も華やかに薬膳を作る事が出来ます。

「医食同源」、この言葉通り、食と薬は同じ自然界のものであり同じように効果効能があります。
どの臓器に力を与えてくれるか、体を冷やすのか、温めるのか、など食物の持つ力から季節や体調に合わせて作るのが薬膳です。

薬膳の考え方は、中医学が基本となります。
中医学とは、中国で発展した伝統医学のことで、大きな特徴は病気が発症する前の「未病」という状態の時に、病気を防ぐ体質をつくる「未病先防」という考えです。
病気になってから治すのではなく、病気にならない体を作ることがいかに大切かということですね。

他に、人間は自然界の一部である、という考え方があります。
私たちは人間界だけで生活しているのではなく、太陽や月、水、木々など、自然の中で生きています。
なので、自然の影響を必ず受けます。
梅雨には湿気が体の中に溜まりやすくなったり、夏の猛暑で体内に熱がこもってしまったり。
そんな影響から守ってくれるのが旬のものです。
自然は必ず必要なものを与えてくれます。
旬のものを良く食べることでおのずと季節の薬膳になるのです。

これから自分の体を自分で守る、そんな時代になりました。
強く、しなやかに、優しく、そんな体や心を作るのに薬膳はとても強い味方になります。
次回から、日常のちょっとした悩みを美味しく解消するヒントを20分以内で完成する簡単なレシピと共にご紹介させて頂きます。
これからよろしくお願い申し上げます。


■■■ 著者プロフィール ■■■

坂井 美穂
坂井 美穂(Miho Sakai)
国際食学協会特別講師 / 国際薬膳調理師 / 料理研究家

2006年拠点をパリに移し、モデルとしてパリコレクションなどショーを中心に活動。帰国後はフレンチ薬膳を提案するべく、麻布十番に“シェルヴサカイ”をオープン。
限定ディナー・スイーツ・料理教室・薬膳資格講師のほか、食品メーカーへのレシピ提供や商品開発にも多数携わっています。

 コラムを執筆いただいている国際薬膳調理師・坂井美穂さんによる、薬膳とフレンチ料理を融合した華やかでヘルシー、簡単に出来るお料理を学べる「お料理教室」を開催しています。お料理が苦手な方も大歓迎です。ご参加をお待ちしております。
 また、通学制の「薬膳インストラクター」養成講座も開講しています。受講生1人1人に対して、決め細やかなフォローを実施し、通信講座では決して出来ない二人三脚による顔の見える形での合格を目指しています。
 御興味ある方は下のバナーより是非、御覧下さいませ。
フレンチ薬膳 シェル ヴ サカイ ( http://www.french-yakuzen.com )