定年後の生活を楽しもう | シニアの食事に関する特集・投稿

定年生活.com トップ» 食べる » 自宅で かんたんフレンチ薬膳 ストレスに効く料理

自宅で かんたんフレンチ薬膳 ストレスに効く料理

2017/5/11 

自宅でかんたん フレンチ薬膳

こんにちは。フレンチ薬膳の坂井美穂です。
だんだんと梅雨に近づくと、気分も晴れなくなったりしますね。
その上ちょっと慣れない事が続くと気付かないうちにストレスも溜まってきてしまうものです。

中医学では、心と体を切り分けて考えません。
心が病めば体も病むし、体が調子悪くなると必然的に心も調子が悪くなります。
ストレスを感じたら運動でリフレッシュしたり、或いは体を守る食事で体の中からストレスを飛ばしましょう。

ストレスがかかると肝臓に負担がかかります。
肝臓の機能が滞ると、体全体の血やエネルギーの流れも滞ってきてしまいます。
わき腹が痛む、肩の側面や上面が凝る、偏頭痛がする、目が充血しやすい、イライラしやすくなった、などの症状がある時は、肝臓の機能が滞っているかもしれません。

今回は、肝臓の滞りを解消し、体全体の巡りを良くするレシピをご紹介します。
魚は焼くだけ、ソースは刻んで炒めて煮るだけの簡単フレンチ薬膳です。
このソースは冷奴や、鶏肉などにも合う万能ソースですのでアレンジして楽しんでください。


「カジキマグロのソテー トマトと紫蘇のソース」



(4人分)
かじきまぐろ 4切れ
オリーブオイル 大1

コショウ

(トマトと紫蘇のソース)
プチトマト 8個
紫蘇 15枚
生姜 8g
にんにく 1かけ
オリーブオイル 大2
醤油 大1
酒 大1
みりん 小2
レモン果汁 小1/2~1(お好みで)
山椒 少々
塩 少々
コショウ 少々

トッピング
ミント


(作り方)
①カジキマグロの切り身に塩コショウし、フライパンにオリーブオイルをひいて両面ソテーする。焼けたらバットに移しておく。
②ソースを作る。プチトマトは1/4カット、紫蘇とにんにく、生姜はみじん切りにする。
③フライパンにオリーブオイルをひき、ニンニクと生姜を入れて弱火で香りが立つまで炒める。
④香りが出たら酒、みりん、しょうゆを入れ、軽く煮詰めたらトマトと紫蘇を入れる。
⑤最後に山椒とお好みでレモン果汁を入れてソースの完成。容器に移しておく。
⑥お皿にカジキマグロとソースを盛り付け、ミントを飾り完成。





■■■ 著者プロフィール ■■■

坂井 美穂 坂井 美穂(Miho Sakai)
国際食学協会特別講師 / 国際薬膳調理師 / 料理研究家


2006年拠点をパリに移し、モデルとしてパリコレクションなどショーを中心に活動。帰国後はフレンチ薬膳を提案するべく、麻布十番に“シェルヴサカイ”をオープン。
限定ディナー・スイーツ・料理教室・薬膳資格講師のほか、食品メーカーへのレシピ提供や商品開発にも多数携わっています。

コラムを執筆いただいている国際薬膳調理師・坂井美穂さんによる、薬膳とフレンチ料理を融合した華やかでヘルシー、簡単に出来るお料理を学べる「お料理教室」を開催しています。お料理が苦手な方も大歓迎です。ご参加をお待ちしております。
また、通学制の「薬膳インストラクター」養成講座も開講しています。受講生1人1人に対して、決め細やかなフォローを実施し、通信講座では決して出来ない二人三脚による顔の見える形での合格を目指しています。
御興味ある方は下のバナーより是非、御覧下さいませ。
フレンチ薬膳 シェル ヴ サカイ ( http://www.french-yakuzen.com )


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。