定年後の生活を楽しもう | シニアの婚活・恋愛に関する特集・投稿

定年生活.com トップ» 結婚 » シニアになっても恋をしよう!!(1)=アプローチ編=    高橋るーと。

シニアになっても恋をしよう!!(1)=アプローチ編=    高橋るーと。

2011/9/1 

恋は若者だけの特権ではありませんよね! シニアだって恋した~い!
と言う事で、今回は大人の恋愛について私の拙い経験を基に3回に分けてお届けさせて頂きます。(*^-^*)

シニア|恋愛(燃えて)

❤年上の紳士によろめいた!

ホテルのラウンジで、しかめ面をして原稿用紙とにらめっこをしていた時の事なのですが、たぶん私より20才は年上かと思われる男性に声を掛けられた事があるのです。
麻のシャツを上手に着こなした紳士が、ジーッと私を見ているのです。気のせいかと思いましたが、何度か顔を上げてみてもやっぱりこちらを見ているのです。目が合うとニコッと笑いかけてきます。気にせずに、また原稿用紙に目を落としていると、その男性が近づいてきて私に声を掛けてきたのです。
「お仕事の後でお茶でも如何ですか?」と。

驚きましたよ! 勿論。この年になってもまだ男性に声をかけて貰えるなんて。
「仕事・・・今日中には終わりそうもなくて」
咄嗟の事にサラリと応えましたが、実は内心ドキドキです。
テーブルに名刺を置いて「万が一お仕事が終わったら電話して下さいね」と、ニコニコしながらお部屋に戻って行かれたのですが、その引き際のスマートさにもトキメキました。
そうなのです! 年は結構関係ないものなのですよ。
声を掛けられるって、やっぱり嬉しいものですね♪(私、まだまだイケルのかも?!ウフッ)
ただ、声のかけ方があからさまにイヤラシイ感じだと即却下となりますが、気取り過ぎず、しつこくなく、お話ししたら楽しいかも? と思わせてくれる方だと真面目に考えます!
でも、大人ですからちょっとくらい色気がないとつまらないのですよ。
その方はとても紳士的な方でしたし、ちょっと色気もあって「食事くらいなら」とつい思ってしまいましたが、その時は本当にお話しする時間も無い状態でしたので、お電話しませんでした。(惜しい事しちゃった?)
定年後|恋愛チェックアウトの際にも、またお会いしたのですが「いつでも電話して下さいね」と悪戯っぽい瞳で言われて、またもやドキドキしてしまった私でした。
お名刺は引き出しの中に仕舞ってありますよ。(^^*)


❤キッカケはトキメキから?

恋って実は心じゃなくて「脳」でしているのだと言われていますよね。
性欲と高揚、愛着が湧く脳のシステムで恋をしているらしいのですけど、こう書くと色気も何もありませんけど、ちょっと考えてみると「そうかも?」と思ってしまいます。
私の性欲のコトは置いておくとして、(^^) やっぱりトキメキは大切ですよね。そもそもここから恋が始まるんですもの♪

今まで意識もしなかった人が、「不意に私の好きな仕草をした」とか、いつも仏頂面の人が「ニコッと笑った」とか、そんな他愛も無い事でトキメイテしまうものです。そうすると何となく意識をして相手を見るようになりますよね。意識し始めると、どんどん愛着も湧いてきて「はぁ~」となる訳ですよ~。


❤トキメキ確率UP!

意識をしていない人に、毎日、毎回、ちょっとした事で声を掛けられたり、只見つめられたりするだけでも、「はぁ~」となるコトってありますよ!
定年後の生活|恋愛トキメクところは人それぞれですけど、意外と小さな事でドキドキするものですよね。
更に、さりげないアプローチを継続されるとトキメキ確率が上がると思いますよ。
ちょっとした挨拶だけでも何度もされていると気になってきますし、会話が増えると尚更です。特に会話の中身は重要ではなく、それよりも、何度も声を掛けられる方が相手を気にするキッカケになっている様に思います。

そう云えば私、何となくいつもお喋りしていた人に「ごはん食べに行こうよ!」とサラッと言われて、素直に「行く♪」と答えた経験がありましたねぇ。
私の場合は2人で食事をした後は更に意識してしまうのです。^^*)
女性は母性本能が働くので、男性が食事をしている姿を見ると女性ホルモンが分泌するのですよ。(豆知識でした)
私に限らず食事をする事って特別な意味を含んでいる様な気がします。
トキメキは色んなところでキラキラしているかもしれませんよ~?見逃さないでどんどんアプローチ光線を出して下さいね。(^v^)-☆


❤女性もガンガンいくべきヨ!

ガンガンいくべきヨ! と言ってもあんまりガッツイタ感じだと男性も引いてしまいますよね。でも、ちょっとした事をキッカケにして先ず話しかけなくちゃ!
「何でもいいから褒める」って云う手もありますけど、本当に良いな~、と思っている所じゃないとダメですよね。そして、ちょっと口にしてみるのです。

私の場合ですか? なんてコトありませんよ。
「凄く良いお名前ですね」と、とても平凡な名前の男性に言ってみただけです。
でも、お名前の字がとっても素敵だったのでそう言ったのですけど、そんな小さな事から会話がどんどん広がっていったのです。
その後の事は、な・い・しょ♪(^^*)ポッ
シニア|恋愛(ないしょね)

待っているだけなんてつまらないですよね。男性も女性に声を掛けられると嬉しいと思いますよ。あまり気負わずに「もっと知りたい」と云う気持ちを大切にしたら良いと思います。白馬に乗った王子様も、自分が隠れていては見付けてもくれず素通りしてしまいますからね~。私的には白馬に乗った王子様じゃなくても、褒めてくれさえすれば大歓迎なのですけど。


❤さりげないアプローチは後で効く!

私の場合は、椅子を引いてくれる様な優しさや、ドアを開けてくれる様な行動は返って恥ずかしくなったりしてしまいますけど、歩いている時に、さりげなく車道側を自分が歩いてくれたり、お喋りは苦手なのに目力が強かったり、(私、見つめられる事に弱いのかも?)酔った振りをして手を繋いでくれたりすると、お家に帰ってからボディブローの様に効いてきて「 貯金」が増えますね。(意外と私達って手を繋ぎたがる年代なのかもしれませんよ? 周りにも手を繋ぐのが大好き♪さんが、いっぱい居ます)
でも、男女共にアプローチが大切! 自分が好意を持っている事を少しでも良いから伝えなくちゃ!「好きだ、好きだ」のオンパレードは若い子達に任せるとして、大人の色気でちょっとずつ、何度もアピールして欲しいな~、と切に願う私でありました。
シニア|恋愛(合図)

と、今回は願望ばかりを書いてしまいました。ウフフ
次回はメール編をお届けさせて頂きたいと思います。
若い頃の恋も楽しかったけれどこの年にしか出来ない恋をしましょうね♪
ではまた。

高橋 るーと。


<関連記事のご紹介>

男と女の相談室~シニアの悩みQ&A~
第1回 思いやりに欠ける男性 / 困った癖がついた女性
第2回 下半身が弱くなった男性 / 自慰にふける男性 / 10年不倫の女性
第3回 妻が応じてくれない男性 / セックスが苦痛の女性
第4回 ドラム缶のような妻が / 後ろがクセになってしまい
第5回 彼女の反応が不思議 / 夜の生活が戻ったのですが

第6回 なかなか終わってくれません / 元カレから連絡が
第7回 肝心な時にマツコの顔が / L字型で責められると
第8回 女社長に奉仕させられて / 女同士に目覚めてしまい
第9回 妻の不倫疑惑に悩む男性 / 息子の友人と深い関係に
第10回 娘たちが再婚に大反対 / 殺したいほど息子の結婚相手が憎い

第11回 昼は女王様、夜は・・・ / 体が疼いてしまい眠れない夜も
第12回 嫉妬深い妻 / 仲良く腰痛持ちに
第13回 ラブホに行ったことがない男性 / 素敵な社長からプロポーズ・・・でも
第14回 結婚したいが相手は処女 / 浮気を続けたい・・・ひどい女でしょうか
第15回 娘の相手は私と同い年 / セックス上手の彼氏が浮気

第16回 困った女・・・昔の男の影が / 悪い女・・・自分の浮気で夫が不能に
第17回 ハゲ・チビ・デブ vs 未婚の母 / 彼氏が淡白になってしまい・・・


シニアになっても恋をしよう!!
(1)アプローチ編 / (2)メール編 / (3)恋の化学編


<シニアの夫婦生活>
シニアの夫婦生活 PartⅠ シニアの夜の生活
シニアの夫婦生活 PartⅡ シニアの性生活
シニアの夫婦生活 PartⅢ シニアのセックス


結婚に関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。