定年生活.com トップ» » 定年と別れ|また会う日まで

定年と別れ|また会う日まで

2012/6/28 

身内にガンの宣告がされたのは今から二年前の春。当初医者が告げた残り時間よりずっと長く耐えてきてくれましたが、ここにきて万策尽き、その時が遠からず来るのだろうなと感じています。
納得ずくの別れなどありませんが、「受け入れる」という言葉は少なくとも抗うことを和らげてくれます。その運命を受け入れる、というのはとてつもない悲痛であるのと同時に密やかな安寧でもあります。その時は誰にも等しく必ず訪れますが、また会う日までとしばしお別れしたいです。