定年生活.com トップ» » 老後の思い|こどもたちの夢

老後の思い|こどもたちの夢

2012/11/8 

文科省の最近の調査で、小学校5年生が将来について「○○になりたい」というような具体的な「夢」をどの程度もっているか調べたところ、はっきりとした希望をもってる児童が40%程度しかいないことがわかったそうです。
残りはわからない、あるいは「そこそこ」やっていければいいという漠然とした気持ちでいるそうな。
まだ10歳かそこらの子どもが、その程度しか将来に期待していないなんて悲しいやら情けないやら。