定年生活.com トップ» » 中高年の目|左側を歩く人

中高年の目|左側を歩く人

2012/12/4 

左目が緑内障で、特に視野の左側が欠損して見にくくなってしまいました。左側を歩いている人が見えないから、町中で突然目の前に現れてきたり、目の前を横切ったりされてびっくりすることがしばしばあります。
そんなわけで、街を歩くときは必ず歩道の左側を歩くようになりました。左側の壁だの生け垣だのに沿って歩く。右目は大丈夫なので、右から来るものに対しては反応できるんです。でも端から見たら左側に固執する変な人に思われているかも。