定年生活.com トップ» » 中高年と銀行|過保護な銀行員

中高年と銀行|過保護な銀行員

2012/12/19 

銀行に行くと、銀行員がササーッと寄ってきて、私の書いている申し込み用紙を覗き込みます。
「なんだろう?」と疑問に思っていると、「書き終わりましたね」と言って番号札を渡されました。
私は銀行内が混んでいる時は、時間短縮のために番号札を先に取ってから書き始めますが、すいている場合は書き終わってから取ります。
やはり隣の人は書き終わらないうちに番号が呼ばれて、番号見送りになっていました。サービスのつもりでしょうが、過保護過ぎると思います。