定年生活.com トップ» » シニアと隣国|欺瞞の論理

シニアと隣国|欺瞞の論理

2013/5/9 

日韓関係は冷え切っていますが、テレビの討論でこう言った人がいました。「韓国人の中にもいい人はいっぱいいますから嫌わないでください」。
一見正論のように見えます。ところがこれは論になっていない。そもそも、いい人がいっぱいいるのは当たり前、そのいい人たちが声を上げないからわからない。声を上げるのは悪い人ばかりで、だから韓国人は全員悪い人、と思われるのです。これはいい人悪い人ではなく、社会システムの問題なのです。