定年生活.com トップ» » シニアとChar|かげろう

シニアとChar|かげろう

2013/5/28 

暑くなってくると、Charの昔の曲「かげろう」を思い出しますが、この頃のCharの歌詞の多くはNSPの天野滋。
NSPは、夕暮れ時は寂しい・・・みたいな田舎の軟弱フォークで、都会の美少年ギタリスト(当時)とは水と油だったと思うのですが、この曲は「地下鉄の車両の中で、笑うあなたが嘘のよう。まるでデタラメ言っている。僕は気づかぬふりのまま・・・」というもので、意外に洗練された歌詞なのですよ。
なぜCharとNSPなのか。メジャーデビューさせるためのレコード会社の陰謀なのでしょうが、未だにコンサートではこの曲を歌っているようだし、コラボとしては案外成功だったのかも知れません。(天野滋は2005年に亡くなったそうです。合掌)