定年生活.com トップ» » 老後の闘病|父の命日

老後の闘病|父の命日

2013/7/10 

もうじき父の命日です。父のことを思い出すとき、楽しかったことよりも、闘病していたときの姿ばかりが思い出されます。
とくに、亡くなった日のこと。あと数時間で命が尽きるというあの日の夕方。見舞った私に寝たまま手を振ってくれた父。意識はあったものの緩和治療の薬物でもうろうとしていました。あのとき、どんな気持ちだったのだろうと推しはかるのは今でもつらいです。
雨の金曜日の夜。たしか病院から急変の電話があったとき、ジブリのアニメがテレビに流れていました。