定年生活.com トップ» » 定年後の生活|夏の風物詩

定年後の生活|夏の風物詩

2011/8/3 

朝、涼しい時間に日課である散歩をしていたら、所々の空き地や公園からラジオ体操の歌が聞こえてくるようになった。夏の風物詩である。体操が終わったらリーダーが、個々の首にぶら下がったラジオ体操カードに出席のハンコを押してくれる。
最近は夏休み中毎日、という訳でもないようだ。親の都合か、実施される日程は班ごとに違うのだそうだ。息子たちが小学生の頃、夏休みとなると早起きをして、早朝から家を飛び出してラジオ体操に通っていたのを思い出す。昔も今も変わらないはずの夏の風物詩であるが、日程だけは現代版…と様変わりしているようである。