定年生活.com トップ» » 定年後の気持ち|自炊する若者

定年後の気持ち|自炊する若者

2011/10/24 

ひとり暮らしの若者が食事を自分でととのえることではない。
本や書籍、コミックなどをバラして(つまり切断して)スキャンし、データとして活用すること、なのだそうだ。
私のような年代の者にとって、本を「バラす」ことは捨てることよりもずっと恐ろしく感じる。
不思議なことに、確かに中身はデータとして残り、書籍まがいのものとして読むに差し支えはないのだろうが、それはもはや元の本とはまったくの「別物」という気がする。
若い世代は新聞も購入せず、ネット配信でこと足りるという。だが、あれにはページをめくるという「あそび」がない。見出しで選んで画面で読むのだから、本来ページの隅にひっそりのっている、思いがけない記事を見つけることはない。
紙にこだわるのは老世代だけだろうか。