定年生活.com トップ» » 定年後の趣味|時代劇の終焉

定年後の趣味|時代劇の終焉

2011/10/29 

今放送されている「水戸黄門」が終わったら、大河ドラマを除き、テレビ欄から新作の時代劇が消滅してしまうことになる。時代劇に対して、特別な思い入れはないけれど、さすがに、こういうときが来るとは思わず、時代劇は固定的なファンを獲得し、タイトルは変わりながらも生き残るものと思っていた筆者にとっては、ちょっとした衝撃でもある。
これから先、江戸時代の文化を伝えるにはどのような方法をとるのか、単純な勧善懲悪は既に過去のものとなったのか、東映太秦映画村はどうなる、殺陣ができる俳優は今後現れるのかなど、課題はある。
水戸黄門の終了は、テレビ局お決まりの「視聴率低迷」によるものだが、時代劇の一つくらいは、文化財扱いにして保存しておかないと、テレビ文化の将来が危惧される、そう思うのは筆者ひとりだろうか?