定年生活.com トップ» » シニアと物理学|タイムマシン

シニアと物理学|タイムマシン

2011/11/15 

タイムマシンを初めて小説にしたのは、H・G・ウェルズだと記憶している。しかし、日本でもっとも有名なタイムマシンはドラえもんだろう。古今東西の小説で、タイムマシンを扱った小説はたくさんある。現物がないのは言うまでもない。物理学的に不可能とされていたからだ。
新しい話では、光の速度を超えるニュートリノが確認された。普通に生活している我々以上に、物理学者の間では大きな話題になっている。アインシュタインの「何者も光の速度を超えることはできない」定義が覆されるからである。
物体が光の速度で移動すると、時間の流れが止まり、それを越えると時間が逆転するという説があり、時間を遡る原理の元となっている。もっとも、観測結果の検証と、物理学的な新しい理論の形成には、すくなくともあと数年、それ以上の時間が必要とされているのだから、気の長い話ではある。