定年生活.com トップ» » シニアの嗜み|パイプのけむり

シニアの嗜み|パイプのけむり

2011/11/25 

今の時代、喫煙者は肩身が狭い。そんな時代でも、パイプの愛用者は少なからず存在するようで、正しい吸い方というのが伝えられている。パイプで喫煙するというのは、作法の多いものである。喫煙具であるパイプ選びから、メンテナンス、燃やすタバコの選択もあれば、上手な吸い方まで伝授されるという、奥の深い趣味なのだ。紙巻きタバコよりもあれこれと面倒なもので、現代のようなスピードを要求する時代には合わないかもしれないが、それがよくてパイプを手放さないのである。
ちなみに、パイプタバコは、一般的な紙巻きタバコに比べて、ニコチンもタールも多いし、フィルターもないので、昨今の1mgしか嗜まない喫煙者にとって、とてもきつい味がする。パイプタバコは、若者には似合わず、ある程度年齢を重ねた人が使ってこそ、様になるのである。