定年生活.com トップ» » 定年後の生活|日本語の品格

定年後の生活|日本語の品格

2011/6/28 

近頃、 残念ながら「言葉が乱れている」とか「日本語がなってない」ということを良く聞きますね。確かに、日本語ほど素晴らしい言葉はないと思うので、正しく遣いたいものです。世界どこを探しても、言葉自体で、その国の文化や風習を表すことができるなんてありませんよね。
尊敬語で相手を立てて、謙譲語で謙虚さを表す。例えば「ご婦人がお買いものをなさいます」「そちらに2時に伺います」 
こんな言葉を聞くと、どこか品格を感じますよね。