定年生活.com トップ» » 定年後の回想|おだしんちょうって誰?

定年後の回想|おだしんちょうって誰?

2011/12/16 

受験シーズンが始まりました。のんきなうちの愚息もようやくピッチをあげはじめてきました、か、どうか。そういえば思い出したのは、自分たちが高校の時、歴史上の人物の覚え方。必ず名前を音読み訓読みの2通りを覚えさせられたものでした。
織田信長であれば、おだは普通に読むけど、「のぶなが」と「しんちょう」というように読む。そうすると漢字の間違いがなくなるのです。足利義政は「よしまさ」と「ぎせい」義満は「よしみつ」と「ぎまん」、平田篤胤は「あつたね」と「とくいん」というように。今でも名刺交換した時、相手の名前を二重読みするくせがついているのは、私だけ?