定年生活.com トップ» » 定年後の回想|旧国鉄時代をお忘れですか

定年後の回想|旧国鉄時代をお忘れですか

2012/2/3 

電車に乗っていると、社内放送があり、「後続の電車が遅れていますから、時間調整をいたします。**分に発車します」とアナウンスがありました。どうやら電車で異音がして調査しているということもアナウンスされました。
それを聞いて昔の国鉄の頃のことを思い出しました。国鉄だったら、「しばらく停車します」というだけだっただろうな。そっけなく傲慢。なんの説明もしない、乗客はなんでだとざわつき、血の気の多いお客は駅員に詰め寄る、子どもは退屈して走り回る、というように駅の混乱は増すばかり。
国鉄はそれで平気だったのです。それが今では親切丁寧なアナウンスに誰もが冷静。今更ながら民営化のよさを感じたものです。