定年生活.com トップ» 健康 » メタボの誘惑

メタボの誘惑

2011/6/26  kenken さん

定年後の生活|メタボ50を過ぎ定年を意識するようになってから、食欲が落ちてきているように思います。およそ2年前、長年付き合った喫煙とも縁を切りました。以後、世間で言われるように確かに以前より食べ物がおいしく感じられるようになりました。にもかかわらず、食欲が落ちてきていると感じるからには、確実に食べなくなってきた証拠なのだろうと思っています。

妻は昔からご飯好きな私のために、帰宅後の夕食用にと2合のご飯を炊いてくれていましたが、もうかなり前から1合に減ってきています。それなのにどうしたことか、「禁煙したら太る」の前評判通り、確実にお腹周りが太くなってきています。喫煙時より胴囲6cm、体重6kgも増えました。禁煙を決意したとき、同時に恐れていたことが現実になってしまったのです。私の最大の悩みの種です。それにしても、見るからに食欲が落ちたというのに、それと期を一にして太り始めるとは一体どういうことでしょうか。「有害なたばこをやめた途端、食べた物の栄養が100%吸収されるようになったからだ・・・云々・・・」と、会社の同僚から妙に説得力のある言葉を聞かされました。その真意のほどは調べていませんが、正直その必要も感じないほど、私には真実味を帯びた言葉だと感じられました。同時に喫煙ってどれだけ身体に悪いものだったのか、改めて教えられた思いでした。

私の父は極端にお腹が張り出た、見るからに格好悪い、所謂変形肥満でした。ああはなりたくないと思い続けてきた私も、このまま行けばその父を彷彿とさせる体形になってしまうかもしれない。昨年の定期健診ではかろうじてメタボシンドロームライン突破を辛うじて免れたものの、来月の定期健診は危ないかもしれません。ベンチプレスを買い、喫煙後毎晩50回ほどだが毎晩腹筋運動をやってきましたが、その効果も虚しく、去年より太いズボンしか入りません。エステの学校を卒業した娘曰く、「贅肉を取らないまま腹筋してもなかなか細くならないよ」との言葉に、なるほど、腹筋山できっと引き締まったウエストのプロレスラーはみたことがありません。

そこで疑問です。私は運動していないから、あるいは足りないからお腹周りが太くなったのでしょうか? だとすればプロレスラーは運動が足りないのでしょうか? もしこの問いかけに「No」との応えが帰ってきたとしたら、メタボとウエスト周りの因果関係は嘘だったのでしょうか?厚労省の立場が悪くなりますから、きっと「Yes(運動が足りない)」という応えが帰ってくるのでしょうね。だとしたら、いったいどれほど運動すればいいのでしょうか?私は決して長続きしないだろうな、と思ってしまいます。実は歩くのも昔から好きです。会社が浜松町にあった頃は、よく歩いて上野駅まで行き、常磐線に乗って帰宅したものです。今も自宅から駅までのおよそ2キロ、往復で4キロ余りを歩いています。ですが、相変わらずメタボの階段を上り続けています。有酸素運動のつもりであまり気負わずに歩いていることがダイエットに繋がっていかないのでしょうか。どうやらメタボに気に入られているようです。早く縁を切らなければ。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

健康に関する特集・投稿を読む

 
トップページに戻る