定年生活.com トップ» » 連載・健康通信・第二回-花粉症

連載・健康通信・第二回-花粉症

2008/12/1 
定年後のシニアのための健康通信 

定年後のシニアのための健康通信
定年生活.comをご覧みなさま、こんにちは。今回の健康通信は花粉症の予防のための体操をご紹介いたします。
今年は昨年の3から4倍の花粉が飛ぶと予想されていますので、今から毎日以下の体操をして花粉の時期を乗り切ってください。

定年後のシニアのための健康通信
定年後のシニアのための健康通信 筒井 朗晏( 日本姿勢保健均整師会理事)

1962年生まれ 京都市出身
武蔵大学経済学部経済学科卒
東京医療専門学校鍼灸科卒(卒業時、東洋療法学校協会賞授与される)
姿勢保健均整専門学校卒(均整術を学ぶ)
タッチフォーヘルス(スイスの国際キネシオロジー大学より全過程の終了書授与される。)
オンサセラピスト(旧オンサ療法師)の資格を習得。現在日本では40名ほどしかいません。
ストレスカウンセラーの資格を習得
健康雑誌「壮快」「日経ヘルス」ファッション雑誌「BOAO」モデルの裏技100に紹介される
有限会社三起均整院代表取締役
株式会社Y・Kプランニング取締役

 

定年後のシニアのための健康通信
まず、肩幅に足を開いてたちます。
斜めな前に体を倒します。(写真①)
ゆっくりと体を起こしていきます。
この時に背中が伸びるのを感じてください。(写真②)
頭は最後に起こします。
あくまでもゆっくり行うのがポイントです。

 
この動作を3から5回行い背中をゆるめます。
ゆるみが甘い場合は回数を増やしてください。

背中がゆるんだ状態で斜め後方に体を反らせます。(写真③)

上記の動作を左右行ってください。
上胸部が柔らかくなり、肩の凝り並びに花粉症の
予防にも成ります。特に胸椎4番の左がアレルギーに
関係しますのでその予防にもなります。
また、夕方疲れた時に体にじんま疹などがでる人も
この体操をするとその場でじんま疹が消えてきます。
また、体にいつもかゆい部分がある人もこれで解消されます。毎日行ってください。

 
定年後のシニアのための健康通信
次に、もう一つ効果的な体操をご紹介致します。
今度は赤いTシャツの方の写真をご覧ください。

まず、バンザイをしてください。(写真④)そのまま手首をゆっくり回してください。
だるくなるまで行います。
だるくなったら一度手を下ろし、すぐにバンザイをして同じことを行います。
これを3から4回行います。ゆっくり丁寧に行うのがポイントです。

定年後のシニアのための健康通信
定年後のシニアのための健康通信
次にまたバンザイをして今度は手首を回しながらゆっくり横におろしてきます。
3回位行ってください。(写真⑤)

今度は体をねじって手首を回しながら横に下ろしてください。左右3回位行ってください。(写真⑥)

この体操のポイントはまずゆっくり丁寧におこなうこと。
写真④でだるくなるまで行うこと。
上記の体操は以前、経営戦略という雑誌の健康コーナーで紹介した健康法で、現在、東茂由著書の(12歳若返らせる)という本の中でも紹介されています。もともとはテニスで傷めた私の手首の腱鞘炎を治すために開発したものですが、効き目は相当なものです。頑固な腱鞘炎でもだいたい二日くらいで治ります。お試し下さい。

いかがでしたでしょうか?

ご意見・ご感想などメールにてお待ちしております。

  
=======================================
■提供