定年生活.com トップ» » 連載・健康通信・第六回-日ごろ家でできる、簡単な体操

連載・健康通信・第六回-日ごろ家でできる、簡単な体操

2009/4/1 

定年生活.com連載

定年生活.com健康通信

定年生活.comをご覧みなさま、こんにちは。(株)Y・Kプランニングの筒井です。

いよいよ、この健康通信も最終回となりました。今回は日ごろ家でできる、簡単な体操をご紹介いたします。

この体操はいろいろな症状に効果がありますので、一度試してください。

定年後のシニアのための健康通信
定年後のシニアのための健康通信 筒井 朗晏( 日本姿勢保健均整師会理事)

1962年生まれ 京都市出身
武蔵大学経済学部経済学科卒
東京医療専門学校鍼灸科卒(卒業時、東洋療法学校協会賞授与される)
姿勢保健均整専門学校卒(均整術を学ぶ)
タッチフォーヘルス(スイスの国際キネシオロジー大学より全過程の終了書授与される。)
オンサセラピスト(旧オンサ療法師)の資格を習得。現在日本では40名ほどしかいません。
ストレスカウンセラーの資格を習得
健康雑誌「壮快」「日経ヘルス」ファッション雑誌「BOAO」モデルの裏技100に紹介される
有限会社三起均整院代表取締役
株式会社Y・Kプランニング取締役

体操をする時の注意点

  1. 苦痛を感じる動きはしないで下さい。

  2. 何のためにするのか目的をはっきりさせておいてから行ってください。これをするか、しないかで効果はまったく違ってきます。(目的はなんでも結構です。肩こりを楽にするため。生理痛をなおすため。顔を引き締めるため。O脚を治すため。頭痛をなおすため。記憶力をよくするため。など)

  3. 疲れを感じたら休みながら行ってください。

  4. なるべく、楽しくリズミカルに行う。

【1】まっすぐに立ち、左右に手足を上げる動作を行います。20回

1 まっすぐに立ち、左右に手足を上げる動作を行います。20回

 

【2】まっすぐに立ち、手足を前後に上げる動作を行う。20回

2 まっすぐに立ち、手足を前後に上げる動作を行う。20回

 

【3】まっすぐに立ち、手足を上下に上げる運動を行う。20回

3 まっすぐに立ち、手足を上下に上げる運動を行う。20回

 

【4】まっすぐに立ち、手足を上げながら体をねじる動作を行う。20回

4まっすぐに立ち、手足を上げながら体をねじる動作を行う。20回

 

【5】まっすぐに立ち、4の変形で足の裏を触る動作を行う。20回

5まっすぐに立ち、4の変形で足の裏を触る動作を行う。20回

 

【6】まっすぐに立ち、4の変形で体の後ろで足を触る動作を行う。20回

6まっすぐに立ち、4の変形で体の後ろで足を触る動作を行う。20回

 

上記の運動を2セット行えばかなりの効果が現れます。

東洋医学の14経絡すべてを動かす体操で、目的意識がはっきりしていればかなりの効果が期待できる万能的な体操です。お試し下さい。

 

健康通信・第一回を読む

=======================================

■提供

株式会社Y・Kプランニング

〒689-2293

東京都杉並区西荻南3-12-1-202

TEL:03-3331-1841(代表) 03-5370-6780(Tel&FAX)