定年生活.com トップ» 暮らす » 和の文化に親しみ・楽しもう【抹茶に親しむ会】【茶碗に親しむ会】

和の文化に親しみ・楽しもう【抹茶に親しむ会】【茶碗に親しむ会】

2015/5/15 

arteclassica

【抹茶に親しむ会】

いまやスイーツの定番の味となった抹茶。外国人の方にも大変人気のようです。おそらく、ほとんどの方は口にされたことがあるかと存じます。しかし、飲む方の抹茶となりますと、日常的に飲まれる方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。

大抵の場合、作法の敷居が高いとお考えの方が多いようです。「作法」とは、ある技をやる時の決まった美しい形のことですね。確かに、作法に従い、自然に身をこなす所作というものは美しい。実際、作法が必要な場面もあります。ですが、それはあくまで「茶道」の場面においてです。

抹茶は、畳の上で正座して飲むと決まったものではありません。お好きなところで、一息つきたい時に、飲みたい時に、コーヒーや紅茶のように、気軽に飲めばよいのです。
抹茶は決して特別な飲み物ではありません。ですが、ちょっとしたコツを知る事で、より身近に、より気軽に楽しめるようになります。

「抹茶に親しむ会」は抹茶を飲んだことがない、また、美味しい点て方を知りたいという方を対象に、茶碗の扱い方から抹茶の点て方まで、ワークショップ的にテーブルで体験していただく、カジュアルなイベントです。茶碗はもちろん、茶筅、茶杓、柄杓など、抹茶を点てる際に使う道具一式を各々に御用意いたします。

当会への参加が、お気に入りの茶碗で抹茶を飲むというオーセンティックな時間が生まれるきっかけになればと思います。

アルテクラシカ
店主 石黒 宏一郎

【開催曜日】毎週水曜日~日曜日
【所要時間】90分
【定員】4名(事前予約制)
【場所】arte classica(アルテクラシカ) 東京都港区南青山6-1-6パレス青山1F
【参加費】5,400円(主菓子・抹茶・お土産付き)
【お申し込み方法】ご希望の日時(第三候補日まで)、お名前、ご連絡先、参加
人数をメール(info@arteclassica.jp)もしくはお電話(03-3499-6696)にてお知らせ下さい。

arte classica
営業時間:12時~19時
定休日:月火定休(祝日営業の場合翌日代休)
www.arteclassica.jp

【茶碗に親しむ会】

「茶碗に親しむ会」は、いにしえの茶碗で抹茶を飲んでみたいというより本物志向の方のための、「抹茶に親しむ会」の続編に当たります。いにしえの茶碗は、遠く江戸時代より、幾多の震災等をくぐり抜け、それを愛玩する人から人へ受け継がれてきました。

当会は、そんないにしえの茶碗を実際に使い抹茶を飲む方法を、ワークショップ的にテーブルで体験していただく、よりハイグレードなイベントです。また、抹茶を飲む際の茶碗のお伴としての茶器の扱い方も行います。

より道具におもきを置いて、茶碗にまつわる話や、古美術の魅力などを皆さんと共有できればと思います。当会への参加が、お気に入りのいにしえの茶碗で抹茶を飲むという、よりオーセンティックな時間が生まれるきっかけになればと思います。

アルテクラシカ
店主 石黒宏一郎

【開催曜日】毎週水曜日~日曜日
【所要時間】90分
【定員】4名(事前予約制)
【場所】arte classica(アルテクラシカ) 東京都港区南青山6-1-6パレス青山1F
【参加費】5,400円(主菓子・抹茶・お土産付き)
【お申し込み方法】ご希望の日時(第三候補日まで)、お名前、ご連絡先、参加
人数をメール(info@arteclassica.jp)もしくはお電話(03-3499-6696)にてお知らせ下さい。

arte classica
営業時間:12時~19時
定休日:月火定休(祝日営業の場合翌日代休)
www.arteclassica.jp

【プロフィール】
石黒宏一郎 いしぐろ・こういちろう

古美術商。東京南青山「石黒ギャラリー」3代当主。関西屈指の茶道具商「谷松屋戸田商店」にて戸田鍾之助・博の父子に師事。東京に戻り家業である石黒ギャラリーを継承後、茶碗を主に扱う「arte classica by Ishiguro Gallery」を根津美術館前にオープン。従来の茶道具商の枠にとらわれない新しい活動を試みている。