定年生活.com トップ» 働く » 生地が異なるスーツ!ジャケパンのはじめ方

生地が異なるスーツ!ジャケパンのはじめ方

2017/12/1 

【特集】 55歳からの生涯現役ビジネスファッション

「ジャケパンという言葉を聞いたことありますか?」

上下の生地が異なるスーツといったほうがイメージしやすいかもしれません。2011年節電ムードの高まりからクールビズ期間が延長されました。その結果、ジャケパンに注目が集まったのです。ジャケットを脱ぐほど暑くない5月にノージャケットで過ごすには違和感があると感じているビジネスマンが多いのかもしれません。

私はのべ4,000人を超える買い物に同行してきた「服のコンサルタント™」です。そんな私からは、ジャケパンの着こなしを知らないビジネスマンが多いように見えるのです。

■スーツと異なる?ジャケパンの着こなし

そもそもジャケパンのジャケットでは、スーツジャケットより短く設定されています。元々英国調のスーツはお尻が隠れる長さがスタンダードといわれてきました。ところが、00年代前半ころから、短い着丈のスーツが増えたのです。

これは女性のスーツによくありますが、着丈を短くすることで足が見える面積が増え「足長効果」が期待できるというもの! ジャケパンはこの着丈短めジャケットの影響を受けています。着丈が長いジャケパンは、80年代のブレザースタイルのように古臭い印象になってしまうのです。

まず、用意すべきは着丈が短いジャケットです。適切なジャケット着丈を測る公式を教えます。【総丈 ÷ 2 – 3 ~ 5センチ = ジャケット着丈】

総丈とは、首の付け根から地面までの距離。その長さの半分が英国調スーツの基本と言われています。ところが、これは英国人の体形に合うことを前提にしているので、日本人体形には合わないのかもしれません。だからこそ、私はジャケパンのみならずスーツを選ぶときも総丈の半分より数センチ短めでチョイスします。

■その醍醐味は上下のコントラストにあり!

スーツではなくジャケパンを着るメリットは上下にコントラストが生まれることです。この色の違いが、明るい印象を生みます。つまりは親しみやすいのです。お気づきでしょうか? スーツを着ていくことが必ずしも正解ではないということを! 

スーツを着るメリットは、相手に失礼がないということです。ビジネスにおける正装だからです。ビジネスにおいてはスーツというドレスコードしかなかった時代はそれでよかったでしょう。しかし、クールビズの浸透によりドレスコードに幅が広がりました。郷に入れば郷に従え! ぜひ、ジャケパンという選択肢をもちましょう。

■■■ 著者プロフィール ■■■
森井良行

1979年 千葉県出身。日大法学部卒業後、一般企業を経て「服のコンサルタント™」になる。のべ4,000人を超えるビジネスマンの買い物に同行し、72歳までのコーディネート経験がある。これらの実績から東洋経済ONLINE「今さら聞けないビジネスファッションの作法」も好評連載中。公式サイトエレカジにて、ユニクロも好印象にする日々のアイテム情報を紹介!

 

今回、コラムを執筆頂いた森井良行さんは、これまで数千人もの方のファッション同行によるコーディネートを担当され、依頼者の多くは服装が変わっただけで仕事もプライベートも充実するようになりました。
 

 
その活動は新聞でも取り上げられています。2016年4月13日付読売新聞、2017年2月18日付日本経済新聞。あなたも是非、日々の服装を見直して充実した日々を過ごしてみませんか?(定年生活編集部)

 
株式会社エレガントカジュアル( http://www.elegant-casual.com/ )