定年生活.com トップ» 暮らす » 定年後の生活 戸建の排水管のつまりにお悩みではありませんか?

定年後の生活 戸建の排水管のつまりにお悩みではありませんか?

2018/5/27 

定年生活では、戸建の修繕費はこんなにかかるというテーマで、戸建の維持費用が結構、バカにならないことをお伝えしました。参考までに少し振り返っておきましょう。

 一般論として面積116平方メートルの木造2階建てという一般的な戸建の場合で試算したところ、築30年で想定される修繕費用は832万にも。
 少し具体的に一覧表にしてみました。

【5年ごとに】
 シロアリ対策     1回で12万円×6回

【15年ごとに】
 屋根塗装      85万円×2回
 外壁塗装      120万円×2回
 バルコニー防水   30万円×2回
 雨どいの交換    30万円×2回
 給湯器の交換    35万円×2回
⇒塗装を放置することは雨漏りの原因に・・・

【20年後を目安に】
 ユニットバスの交換 80万円

【30年ごろを目安に】
 給配水管の交換   80万円
⇒放っておくとやがて柱などが侵食することも・・・

 今回はこの排水管を巡るテーマです。
排水管のつまりに悩んでいらっしゃる方が多いのではないのでしょうか?特に築年数が経過した住宅は戸建・マンションを問わずに様々な不具合が生じてきます。
 特に排水菅のつまりは最悪、汚水等の逆流にも繋がる内容ですので、定期的なメンテナンスがぜひとも必要な内容です。またそこまでになら無くても、匂いや害虫の発生にも繋がるのでメンテナンスが必要不可欠なのです。

 排水菅のつまりはいわゆる食用油をそのまま流したり、最近では口をゆすいだリステリンをそのまま吐き出し、流すことも排水菅のつまりの原因になると言われています。
 日常的には、以下のようにクリーナーを流すのも効果的でしょう。

 また、マンションタイプの場合には、管理会社主導により、年に1回ぐらい、排水管洗浄をしてくれます。いわゆる高圧洗浄というやつですね。

ところが、戸建の場合には、この作業を御自身でやっていただく必要があります。
そこでお薦めなのが、「イエコマ」の排水管洗浄サービス。

だいたい8,000円程度で費用がかかりますが、排水管を高圧洗浄で綺麗にしてくれます。実際に詰まると2万円、更に交換となると上述のような金額になるのですから、できれば必要経費と考えたいですね。
類似のサービスは、現地見積もりで大幅に金額がアップすることがしばしばありますが、 当社は完全固定の金額で対応。表示の金額以外が発生しないのは安心ですね。
肝心の排水管掃除の方法ですが、高圧洗浄機で排水管の中をキレイにして、汚水マスもキレイにするというもの。
排水管が詰まる前に掃除をしてしまえば余計な出費を抑えられるし、一度掃除をしてしまえば使い方により5〜6年は詰まることはないといいます。イエコマのサービスを上手に活用されて、くれぐれも配管工事になるような事態は避けて頂きたいものです。