定年生活.com トップ» 暮らす » 人口が少ないエリアは賃貸需要が無いと考えるのは早計。ここでも地図から探そう

人口が少ないエリアは賃貸需要が無いと考えるのは早計。ここでも地図から探そう

2018/7/1 

200万円投資を実践する大家さん

前回は、儲かる物件を地図から探すことの重要性をお伝えしました。今回も似たようなお話です。
 不動産投資における最大のリスクといえば
「空室リスク」
です。

 空室になれば、その分の収入も得られず、広告料といって不動産仲介業者にお金を払って賃借人を見つけてきてもらう必要性があります。
 ここで、一つの例をご紹介します。札幌という都市があります。北海道でも最も人口が多い1,965,889人の方が居住されるエリア(2018年6月1日現在)です。政令指定都市でも横浜志、大阪市、名古屋に続く人口数であり、現時点では福岡市よりも多い人口です。

 しかし、札幌は不動産投資においては、なかなかの激戦区といわれています。よくインターネットでも相場より異常に高い利回りの物件が市況に出ています。

 これは、この様な利回りであってもオーナーが手放したいというメッセージにほかならないのです。一言でいえば、物件自体が供給過多であり、高い空室リスクと賃料下落リスクとの戦いです。
 さらには広告料も高く積まないといけませんので実はあまりお薦めできないエリアです。
 なお、空室になる可能性がとても低い生活保護者であれば気にされる必要性は低いといえるでしょう。

 では、札幌の人口の40分1程度の人口5万人弱の都市で、賃貸需要が旺盛にあるエリアがあるとしたらいかがでしょうか?空室になると、1週間で3件ほどの申し込みがあるという需要旺盛なエリアです。
 一体、どんなエリアでしょうか?


『200万円から始める画期的不動産投資法実践編』の第2回以降はメルマガ会員限定コラムです。購読希望の方は、下記のフォームから会員登録をお願いします。


 『200万円から始める画期的不動産投資法』の第2回以降を配信します!

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。







 

オーナーズライフ