定年生活.com トップ» 暮らす » 不動産の利益は売却で確定します 総額200万円以下の不動産の出口戦略

不動産の利益は売却で確定します 総額200万円以下の不動産の出口戦略

2019/5/1 

200万円投資を実践する大家さん

 いよいよこの連載コラムも出口のあたりにまで到達をしました。およそ不動産に関わらず、投資全般に言えることですが、出口戦略は重要です。というのも出口=売却をもって利益が確定するからです。

 まず大前提として総額200万円以下の不動産はそもそも買い手がつくのでしょうか?あまりにボロ過ぎて買い手がつかないのではないかと思われる方も多いかと思います。これは私の過去から現在に至る取引経験や不動産仲介をやっている方にもヒアリングした結果ですが、
「100万円から200万円台の取引は足が速い」
「ネットに掲載するまでもなく売れる」
という意見が多かったです。

 考えてみてください。「不動産=高額」という先入感が強い世界で、購入代金100万円台で毎月、賃料が入る物件と聞けばあなたの不動産投資へのハードルもかなり下がるといえるでしょう。あなたのハードルが下がるということは他の方のハードルも下がるといえるのです。そのためかハードが低い低価格物件は反響が強いというのが実感です。

 では、安定した賃料がありながら売却を考えるべきタイミングとはいつなのでしょうか?このあたり、不動産投資=ババ抜き的な要素もあるのでこれをご覧の方はババ抜きの「ババ」に引っかからないで頂きたいと思います。

・売却を考えるタイミング


『200万円から始める画期的不動産投資法実践編』の第2回以降はメルマガ会員限定コラムです。購読希望の方は、下記のフォームから会員登録をお願いします。


 『200万円から始める画期的不動産投資法』の第2回以降を配信します!

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。







 



定年生活ではLINEのお友達を募集しています☆以下のQRコードからお友達登録をしていただきますと、LINEだけでのお役立ち情報をお届けします。
定年生活ではLINEのお友達を募集しています