定年生活.com トップ» 暮らす » 大阪・京都よりおトク! 意外に知られていない奈良に住むという選択 奈良県の住みたい街ランキング 第1位はあの街です

大阪・京都よりおトク! 意外に知られていない奈良に住むという選択 奈良県の住みたい街ランキング 第1位はあの街です

2020/1/17 

日本の古都と聞けばどこを思い浮かべるでしょうか?多くの方は京都と思い浮かべるかもしれません。しかし、710年から784年までという極僅かな期間でしたが、日本では、平城京という現在の奈良県奈良市の西部の一部、中心部及び大和郡山市北部に位置し東西8坊 (約 4.3km) の面積をもち、全域 72坊に区画設定された首都がありました。

 奈良も日本の古都の1つといえるでしょう。京都とはまた違った独特の趣きと存在感がある街でもあります。

 そんな奈良は、北には京都府、西に向かうと大阪ミナミの中心地・なんばにも出やすい両都市のベッドタウンとしても機能しています。さらに奈良がベッドタウンとして機能している理由の一つに、大阪や京都の家賃の高さが挙げられます。

 ちょっとした比較例ですが、京都御所の近くに京都市営地下鉄・烏丸線「丸太町駅」という駅があります。この近辺ですと、単身者向けのマンションで賃料が80,000円を超える物件は少なくありません。
 が、奈良県の中心地・奈良駅から徒歩圏内のファミリー向けの戸建て住宅ですと、賃料が60000円でも十分に借りられる自宅が多くあります。物件の築年数や立地などもありますので単純な日悪は出来ませんが、かなり大きな差額であるといえるでしょう。

 そんな奈良県は、近鉄が網の目に様に発達しており、近鉄に乗ると、近鉄難波駅までが36分、570円。京都までも53分、640円という金額で到着できる都市でもあります。そんな奈良市内で済みたい街とはどんなエリアでしょうか?

 住友不動産販売から奈良市内の人気と街ランキングが紹介されていますのでご紹介をしたいと思います。

https://www.stepon.co.jp/special/archives/023955.html
(詳細は上記リンクからご覧いただけます)

第3位は学園前駅

 学園前駅は、何もない山林だったところに帝塚山学園ができ、学生のために駅が作られたのがはじまり。その後近畿日本鉄道の佐伯社長が自宅を建て、住宅地として開発が進められ、奈良でも有数の高級住宅街となりました。

 マンション部門では第3位、戸建てはでは堂々の第1位となった「学園前」駅。戸建1位ということはファミリー層に人気のエリアであることが窺えます。

第2位は大和西大寺駅

奈良線と京都線・橿原線が平面交差する形で乗り入れている奈良県屈指の複雑な線路構造になっている大和西大寺駅。北口には、平城宮の跡や成務天皇、孝謙天皇の陵があります。南口は西大寺があるという奈良県の中心地でありながら、いにしえの古都の雰囲気も味わえます。周辺には、近鉄百貨店をはじめ複合型商業施設やスーパーも多く、生活には理想的な環境です。

第1位は富雄駅

 第3位の学園前駅から続く閑静な住宅街として知られています。帝塚山大学生駒キャンパス、近畿大学農学部があり、学生の多い駅としても有名です。生駒や西大寺にも近いというアクセスの良さが、人気の理由かもしれません。

ほかに人気の駅

 ほかにも人気の駅としては生駒駅があります。近鉄難波駅から奈良線の快速急行で約20分、けいはんな線でも大阪のビジネス街本町に直通するという交通至便の地にある生駒。駅の利用者数も大和西大寺駅とそん色ない数字です。南側は古くから宝山寺への参道として発達。飲食関連の店が集中しています。
 国立社会保障人口問題研究所のデータによれば、生駒駅のある生駒市は奈良県の都市の中でも人口減少の割合が小さく、今後、引き続き、人気の街として多くの方が住まわれることが期待されます。

 いかがでしたでしょうか?平城京の時代は日本の首都であった奈良県。京都に比べると地味ですが、大阪なんばなどへのアクセスも良く、住まいのみならず、観光地としても注目したい奈良。大阪や京都までのベッドタウンとして選択肢ともご検討の方にも参考になれば幸いです。

(文責:定年生活編集部)



定年生活ではLINEのお友達を募集しています☆以下のQRコードからお友達登録をしていただきますと、LINEだけでのお役立ち情報をお届けします。
定年生活ではLINEのお友達を募集しています